奇跡のマイホーム建築記録

    素晴らしい工務店平塚アコルデの注文住宅を奇跡的に出会った湘南茅ヶ崎の土地にローコストで建てたブログ

    移動型で台風にも耐えうる目隠しフェンスは実現可能?

    スポンサードリンク

    移動可能な目隠しフェンスを考え始めた話の続きです。


    目隠しはしたいけど、万一庭を駐車場にしたくなった場合に容易に移動できるようなフェンスにしたいと考えていたのですが・・・

    まず、考えたのがこの手のスタンドを使ってラティスフェンスを置く方法です。

    7015769_1-e.jpg



    180cmのラティスフェンスをこのようにすれば、それなりの高さで目隠しになります。
    fence55a.jpg
    [引用: エコウッド]

    しかし、これ絶対風で倒れますよね・・・
    風が強い日に置き場所を変えたりとかなり手間がかかりそうです。

    さらに、木材のスタンドですから、たとえコンクリートであっても地面に触れていると雨水で腐食が早そうです。


    ウッディプラフェンスのスタンドであれば、プラスチック製なので腐食することはないのですが、倒れやすさは変わらないですね。
    pict3.jpg


    壁際でもないところに、180cmのラティスフェンスを、この自立フェンスで立てるのは現実的ではないと感じました。

    こんなことで悩んでいたところに、目に止まったのがこんなアイテムです。
    546527-setumei2.jpg


    ラティスをこの溝にはめ込むだけで立てられるなんて!超簡単!!!
    水抜き穴が付いていてラティスが浮いているので木製でも腐食対策になりそうです。

    しかし、ホームセンターで展示状態を見た限りでは、これもやはり180cmのフェンスを固定するには安定性が厳しそうでした。まぁ、溝にはめ込んでいるだけですからねぇ・・・

    コの字型とかに配置できれば、問題ないのでしようけど、もう少し溝の深いタイプがあったらいいのにと思いました。

    ちなみに、当時は知りませんでしたが、今では、ラティスポストを立てられるタイプもあるようです。


    実は、これは建築前の外構計画時点から構想しておりまして、色々と可能性を考えておりました。

    一番やりたかったのは、コンクリート部分にフェンスを差し込んで立てられるようにしておいて、持ち上げて抜くだけで外せるという方法です。
    ググって情報収集していると、そのような方法を採用している例を一度だけ見かけたんですよね。
    (文章だけでの説明でしたが)

    この意味で、当時欲しかった商品がこちらです。


    何度もご紹介していますが、ガーデンライフ彩のコンフォートフェンスですね。
    当時は、この210cmの高さのものがなかったんです。

    一番高いフェンスで180cmだったのですが、この足を地面に埋めてしまうと、高さが150cmぐらいになってしまうので目隠しとしては少し物足りません。

    コンクリートを施工してもらう時に、このフェンスの足がちょうどピッタリ入るように穴を開けてもらうことができれば、普段は差し込んで立てておいて、いざとなったら抜くだけでスッキリです。

    ただし、コンフォートフェンスの足は40mm x 40mm角のサイズです。
    ピッタリおさまる内寸約40cmmの角パイプが都合よくあると良いのですが、少なくともホームセンターでは見かけません。

    実際外構屋さんに相談する機会がなかったので方法があるのかどうか未確認なのですが、気になりますね・・・

    ということで、当時はあらかじめコンクリートに穴をあけておくという方法は諦めましたので、やはり後付でしっかりしたフェンスをどう設置するのか引き続き悩むのでした。



    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    PR

    参加ランキング

    目隠し フェンス ウッディプラフェンス スタンド ラティス ガーデンライフ彩 ベース 外構

    関連記事
    スポンサードリンク

    [イエマガ更新!]ローコスト住宅の坪単価を勘違い

    スポンサードリンク

    今週の水曜日にイエマガ連載の第三回目が更新されました!

    前回の「土地探し 〜見つけた「空き地」と「分譲地」〜」では、思わぬ好条件の土地に出会った経緯をお伝えしました。

    続いては、ビルダー選びのストーリーを二部構成でお送りします。

    妄想

    イエマガ 家づくり日々勉強! 第3回
    工務店選び 〜標準仕様の比較表をつくる〜

    今回は、ハウスメーカーや工務店をまわり始めた当初の迷走っぷりをご覧いただけると思います(笑)

    あらためて当時のことを思い出しながら原稿を書いたのですが、本当に建築費用を甘く見ていたなぁと実感します。こんなアホな勘違いするのは、私ぐらいなんですかねぇ(汗)



    すっかり、1000万以下でも建てられると本気で妄想していたw様子をお楽しみくださいませ。

    今回も楽しくわかりやすいイラストで盛り上げていただいています♪

    あと、メガソフトさんのご好意で、私が作成した稚拙な各社仕様の比較表もダウンロードして利用いただけるようになっています。
    ただし、サッシの仕様やキッチン・ユニットバスの製品名が、かれこれ5年前の内容なので古さを感じるかと思います(^^)


    文中に出てくるエピソードに関係するブログの記事も貼っておきますね。

    ちなみに次回は、いよいよ「あの人」が登場します♪













    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    PR

    参加ランキング

    ハウスメーカー 工務店 坪単価 イエマガ 連載 建築費 ローコスト 仕様

    関連記事
    スポンサードリンク

    [民法235条]プライバシー保護目的の目隠し設置請求文例

    スポンサードリンク

    下記の記事でご紹介した民法235条を根拠としたプライバシー保護目的の目隠し請求文例です。



    文面は、下記のイメージの程度の文章量です。
    民法235条_内容証明_サムネイル

    なお、注意点がありますので、ご確認ください。
    • 文面はHTMLで記述しております。このため実際に利用したwordの書面とは若干体裁が異なります。
    • 簡単にテキストで流用可能です。個人的利用のための改変含めたご活用はご自由にどうぞ。ただし、ブログやWebサイト、SNS等での再配布はご遠慮願います
    • 相手先会社名、まっしんはやぶさの個人名などは置き換えておりますので、ご了承願います
    • 本コンテンツはブロマガ販売のテストも兼ねております。勝手ながら予想外の不備・反響があった場合は、突然公開停止とする場合がございますので、あらかじめご了承願います。
    • 一定期間後に無償公開に以降する可能性もございますので、あらかじめご了承願います。ただし、今のところ公開日より半年間は無償公開しないことをお約束します。


    関連コンテンツは次のとおりです。
    併せてご参考ください。



    ということで、万一必要がございましたらということで、よろしくお願いします。
    続きはブロマガを購入して楽しもう!
    このコンテンツはブロマガ(有料)です。
    購入すると続きをお楽しみいただけます。
    ブロマガって何?
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    PR

    参加ランキング
    スポンサードリンク

    いきなり!内容証明という過激手段の意図

    スポンサードリンク

    地元情報で恐縮ですが、茅ヶ崎の南側、鉄砲道の浜見平交番付近のBRANCH茅ヶ崎2にオープンした「いきなり!ステーキ」が気になっております・・・・

    都内では利用したことはあるのですが、まだランチのワイルドステーキだけなので、いつかカットステーキに挑戦してみたいなぁと・・・

    ふざけて、その名前にちなんだタイトルにしましたが・・・内容はシリアスです(汗)


    ということ(?)で、隣の建売のお話の続きです。

    前回、民法235条にもとづいて、隣の建売の窓に目隠しの取り付けをお願いできる可能性にたどり着きましたが、時間との戦いであることを書きました。

    そこで、私が取った方法は、タイトルの通り内容証明をパワービルダーの本社に送るという方法です。
    しかも、郵便局に行く時間もなかったので、郵便局のe内容証明をはじめて利用しました。

    e内容証明

    本社への問い合わせのパターンは、次の事例で体験済みだったので、とりあえず担当レベルで放置される可能性は低いだろうと踏んでいました。


    とはいえ、いきなりこの方法を取るかどうかは相当悩みました。
    相手にとっては、突然喧嘩を売ってきたと取られかねませんからね・・・・
    こちらは、ド素人ですから逆に手玉に取られてしまう可能性もあります。

    また、これから購入されるお客さんに「お隣さん窓のことでウルサイんですよ」と喧伝されることは覚悟する必要があります。少なからずご近所付き合いのスタートで先入観?が植え付けられるのは、避けられません。

    内容証明という手段を取った目的は
    • 担当者レベルではなく、会社に対して我が家からの要求事項が確実かつ迅速に伝わること
    • 要求事項が確実に伝わり、欲しい回答が確実に得られること
    • 我が家の本気と得体の知れなさが伝わり真摯に行動してもらえること
    です。

    どうしても、電話や面と向かってのやりとりでは、無意識に相手を見て対応のレベルや優先順位を変えてしまう可能性があります。
    相手がこちらを甘く見て対応を後回しにしたり油断してしまうような要素を極力少なくした方がよいかなと思ったわけです。

    本気
      では、実際にどのような文面を送ったのか?
      大変申し訳ありません。

      ここで無制限に公開することに悩みまして、今回はじめてfc2ブログのブロマガというかたちでの限定公開にすることにしました。思わぬかたが偶然に目にされてご気分を害される可能性なども少し心配がありまして・・・
      また、このような文面にどの程度ニーズがあるのかを確かめる実験的な意味も勝手ながらございます。

      100円の料金がかかってしまい恐縮ですが、このような文例に興味があるかたは、事前の説明を良く読んで、ご理解の上ご利用ください。

      ということで、文案はブロマガ「[民法235条]プライバシー保護目的の目隠し設置請求文事例」(単体コンテンツ: 100円)となります。


    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    PR

    参加ランキング

    内容証明 郵便局 民法235条 プライバシー 目隠し 建売 パワービルダー 本社

    関連記事
    スポンサードリンク

    人通口の処置を甘くみると家中の断熱が低下する?

    スポンサードリンク

    前回のユニットバス床下人通口のお話の続きです。


    ちなみに、今回は勘の良い方であれば、色々ツッコミどころがある(いつもか)かと思いますが、華麗にスルーいただければ幸いです(^^;

    床下が見えているということは、外気に直接接しているということ

    さて、まずは、この写真を見て下さい。
    DSC07580.jpg

    懐かしい、システムバス施工後の写真です。


    確か当時は載せていませんでしたが、もう少し寄るとユニットバス下はこのようになっています。
    システムバス床_DSC07579
    タカラのユニットバスの売りである耐震フレーム架台がちらっと見えていますね。

    さらに・・・基礎の床が見えています・・・

    ということは、この部分は床下の人通口ともつながっているということですね。

    左手前の間柱のある部分は、内壁となる部分なのですが、平面図で見るとこの部分になります。
    平面図20120616-壁の位置
    この濃い赤の部分が、手前の壁になる部分です。
    スポンサードリンク



    内壁だけど断熱材を入れたかった

    実は、当時次のようにこの壁の部分に断熱材を入れたいと鈴木さんに相談したんですよね。
    断熱材入れたい_DSC07580_2
    だって、我が家は高気密高断熱ではないとは言え、この開口で外気に接している壁があるとなるとかなりの断熱欠損ではないですか。

    グラスウールでも良いので、詰められないかと相談したのですが、結果的には不採用となりました。

    一応、この部分は防湿フィルムシートで気密を取ることで、トップランナー基準としてはOKだったようです。
    前回ご紹介したのと同様LIXILの施工方法ですが、フィルムでの気密は次のような方法で取ることになっています。

    フィルム気密
    [引用: LIXIL 省エネ関連法規・制度 断熱材ユニットバス床]

    ということで、規定通り我が家もフィルムでしっかり気密は取ってもらっています。

    ちょっとわかりにくいですが、横から見た写真です。
    浴室気密処置_IMG_1382
    左の壁とユニットバスの間に石膏ボードとフィルムで挟み込まれてガードされています。

    一応、これでOKのはずだったのですが、色々経緯があり併せて追加の処置をしてもらっているんです。

    内壁の断熱材の代わりに基礎断熱

    まぁ、恐らく内壁に断熱材なんて変なことをお願いする施主ってあまりいないのだと思います(笑)。あまりに神経質な私に鈴木さんが提案してくれたのは基礎断熱でした。

    ということで、我が家の床下の構造は結果的に次のように二重になっているんですよね。
    床下_基礎断熱と気流止め二重
    このように、基礎断熱部分が床下に冷気が入ってくることを防いでくれています。

    もちろん、これは人通口も塞がっていることが前提です。

    スポンサードリンク



    人通口を空けたままにするとどうなるのか?

    では、人通口を空けたままにしてしまうとどうなるでしょう?

    我が家の場合、第二防御壁の気密ラインと断熱浴槽があるのでトップランナー基準での断熱対策は出来ていることになります。
    床下_基礎断熱の人通口を開けると

    ただし、右側の内壁に面する部分は、フィルムと石膏ボードだけなので断熱性能的に安心かと言われるとやはり不安があるんですよね。

    ですので、人通口は閉じたままであることが望ましいです。
    それだけでなく、そもそも床下にわざわざ施工してもらった基礎断熱が全て意味がなくなりますからねぇ・・・

    普通の基礎断熱の場合はどうなるのか?

    一般的には基礎断熱の場合、ユニットバス側で断熱・気密を取る必要がありません。基本的に室内と同じ空間という扱いになるからですね。
    このため、もし基礎断熱の人通口を空けたままにしてしまうと、このようになります。
    床下_気密なし_冷気アップ

    気密(気流止め)も断熱材もないので、ユニットバスの隙間と内壁を伝って、外気をどんどん取り込んでしまうことになるんです。
    気流止めがありませんので、外気が通ってくるルートは、前述の平面図の薄いピンクの壁(トイレ側)も対象となります。

    家が内側から冷やされる!

    これを家全体で見てみると、このようになります。
    我が家の矩計図を反転した図を作成してみました。
    矩計図反転
    このように、壁から一階の天井を伝って上下階の内壁の中に外気が入るルートを作ってしまうことになります。

    これでは、折角外壁にしっかりした断熱施工をしていても台無しになっちゃいますよね。

    浴室の断熱に関しては、こちらの解説がより専門的です。


    ということで、床下の小さな人通口とはいえ、甘く見てはいけないのでは思う理由を書いてみました。

    このあたりを理解していただける業者さんに、しっかり気をつけて施工(気密シートに穴を空けないとか)してほしいなぁと思いつつ、シロアリ防除をどうするのか悩んでおります。





    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    PR

    参加ランキング

    シロアリ 床下 基礎断熱 ユニットバス

    関連記事
    スポンサードリンク