奇跡のマイホーム建築記録

    素晴らしい工務店平塚アコルデの注文住宅を奇跡的に出会った湘南茅ヶ崎の土地にローコストで建てたブログ

    うっ、古賀家具だ。あの白い奴だ。

    スポンサードリンク


    食器棚編の続きでございます。

    前回は、気がついたらメガマックスまで自転車でたどり着いてしまったというところまで書きました。

    実は、行く前にメガマックスを勧めてくれたMAXさんに相談メールをしていたのですが、立ち去った直後に詳しい提案と写真を送ってくださいました。この写真を使いながら訪問の様子をご紹介しますね。
    ちなみに、MAXさんが何者なのかはご想像におまかせします(笑)

    まず、店舗に入っていきなり目に飛び込んで来たの商品を見ての感想がこのイメージ。

    白い奴

    うっ。幅1800mmだ!
    あの白い奴だ!


    [これ、分かる人どれだけいるかな・・・]

    その商品というのがこちら
    セレクト本体
    エスエークラフトに続いて、1800mm続きのオープン食器棚がここにもあるではないですか!
    島忠での1800mmサイズはないという説明はなんだったのだろう・・・

    カタログスペック上では、エスエークラフトで1800mm幅のオープンカウンターが出来ることを確認していましたが、まだ実物を見たことがなかったので、こちらの展示はとても新鮮でした。

    ちなみに、この写真はMAXさんが撮影してくれたのですが、実は私がこの前に仁王立ちしていてなかなか撮影できなかったということを後々知ります(笑)。アポなしで伺ったので、お互いのことをわからずにすぐそばにいたようです。

    この家具は、福岡県の「古賀家具」というメーカーのセレクトという商品でした。
    某家具店でもこんな写真を撮ってチェックしていたのですが、すっかり存在を忘れていました。

    古賀家具_IMG_2682

    こちらは、あえてメガマックスではない某家具店でのオーダー表です。
    古賀家具セレクトオーダー表_roomz
    メガマックスは、これよりさらに嬉しい価格だったのですが、ここには書きづらいので内緒です(苦笑)

    よく見ると、上台には二種類あり高さ957mmのものと、下台913mmを合わせれば高さ1870mmとなり今使っている食器棚と同じ高さになります。
    これなら全く問題なく、我が家の吊り戸棚の下に置けそうですが、MAXさんからは20mmほど台輪カットをした方がよいとのアドバイスがありました。

    一応、吊り戸棚下は1900mm高のスペースがあるのですが、あまりギリギリだと良くないようです。

    あと、オーダー表の見方を勘違いしていたのを店員さんに説明してもらってわかったのですが、この商品は上台を置く場合には、天板が必要ないのだとのこと。上台に天板がくっついているのだそうです。

    天板パーツを上台と下台とは別に組み合わせるのが、他のメーカーでは普通だったので必要と勘違いしていました。
    二万円ぐらいする天板パーツが不要なだけでも、かなりお得感があり嬉しいびっくりです。

    とにかく、私は展示品の1800mmブチ抜きオープンカウンターと全面白とのすっきり感に圧倒されてしまったのですが、カラーも色々選べます。
    セレクトカラー

    さらに提案があったのが、松田家具のモノリスです。(今は松田家具のホームページには見つからないので、ディスコンかもしれません)

    メガマックスの店員さんに1850mmぐらいの高さに収まる食器棚を探していることを伝えるとイチオシで紹介されました。
    モノリス本体
    お勧めポイントは、綾野の高グレード商品と同等の独ヘティヒ社のアーキテック引き出しを採用しており、約30kgの重さにも耐えられる頑丈さとのこと。
    他にも耐震ロックやソフトクローズ引戸など、高機能な商品です。
    古賀家具よりは、ワンランク上の価格帯でしたが、綾野よりはかなり買いやすい価格だと思います。

    ただ、なんとも残念ながら我が家の条件には合いませんでした。。。。
    モノリスオーダー表
    この商品は下台が固定になっており、ダストボックスタイプが選べないんですよね。

    1800mm幅のオープンも可能なのですが、惜しくも選択肢からは外れました。

    その他にも色々ご紹介はいただいたのですが、古賀家具のセレクトが私に強烈な印象を残します。


    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村



    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪

    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ
    みんなのWeb内覧会
    WEB内覧会<総合>
    WEB内覧会*玄関
    WEB内覧会*キッチン
    WEB内覧会*洗面所
    WEB内覧会*お風呂
    WEB内覧会*トイレ
    WEB内覧会*階段
    WEB内覧会*ダイニング
    WEB内覧会*リビング
    WEB内覧会<和室>
    WEB内覧会*寝室
    WEB内覧会*子供部屋
    WEB内覧会*書斎
    WEB内覧会*ワークスペース
    WEB内覧会*外構
    ローコスト住宅等の情報&住宅巡り
    魅力ある家づくり...
    家づくりを楽しもう!
    いえづくりのこだわり
    新築・リフォームの間取りアイデア
    家づくり
    新築一戸建て
    マイホームブログ
    住まいと暮らし
    マイホーム、我が家
    DIYブログコミュニティ
    庭・外構・エクステリア・リフォーム



    参加ランキング
    スポンサードリンク:

    メガマックス MEGAMAX 家具 食器棚 古賀家具 松田家具

    お庭用ルンバが・・・アツイの?

    スポンサードリンク


    我が家は、ずっと気になっていながらも、未だにルンバは導入しておりません。

    ロボット掃除機ルンバ(自動掃除機ルンバ)
    ロボット掃除機ルンバ(自動掃除機ルンバ)

    一階は廊下も開き戸もないため、引戸を開け放つとワンフロアのように床がつながるのでロボット掃除機には向いている間取りだとは思うのですが。

    どちらかというと、ブラーバ旧型の方が気になっているのですが、最近値段が上がってしまい購入するチャンスを失いました。

    本当はヤマダ電機で買いたいのですが、なぜかiRobot社の製品はヤマダ電機で扱ってないんですよねー。

    さて、表題の通り庭用ルンバなる製品があることを知りました。
    結構以前からあるようですが、まず見つけたのはAutomowerという製品です。

    芝生通信
    芝生通信

    robot50up.jpg

    まだ、芝刈りには早い季節ですが、そろそろエアレーションと肥料やりを考えなければならない時期です。
    昨年早めに肥料を撒いておいたら春の芽吹き方が全然ちがったんですよねー。
    その分、芝刈りも大変になるというわけです。

    このAutomowerを提供するハクスバーナという会社は、世界初のロボット芝刈り機を開発したメーカーなのだとか。

    こーんな、お仕事をした後に・・・
    お仕事

    このようにステーションに戻ってきてくれるようです。
    ステーション

    まさに庭用ルンバですよね!

    英語ですが、Automakerの動画がありました。

    こ、これは、刈れてるといえるのか・・・とも感じますが、動いている様子は可愛いですよね(笑)

    我が家は、もちろんもっと小さな庭ですが、刈る機械も小さいので、重い芝刈り機を押すおじさんの気持ちがよくわかります(笑)

    と思っていたら、他にも製品がありました。
    Landroid Mという製品だそうですが、1000ドル以下なのだそうです。
    Automakerは、どのくらいするのかと思っていましたが、上記のリンク先を見ると2000ドル以上もするんですね。

    Landroid M

    確かに、1000ドルぐらいだと一般化しそうかもですね。
    日本では10万は切れなさそうなので、まだハードル高いかな。
    というか、そもそも日本ではそんなに需要ないか(汗)

    Landroid Mも動画があります。


    こんな広いお庭があったらいいですけどねー。
    って、お手入れも相当大変ということですね。

    お手入れと言えば、庭のお手入れは芝刈りだけではないことに注目した商品がありました。
    なにやら、シリコンバレーのコンペで優勝したらしく、芝刈りだけでなく雪かきや枯れ葉の処理まで一台でやってくれる「コビ」(Kobi)というロボットです。
    Kobi.jpg
    ホリエモンドットコムでも紹介されていました。

    これがコビ(KOBI)の映像です。

    モジュールを入れ替えて、いろいろな機能を使えるようですね。

    サンライズのロボットヒーローシリーズのようだと思ったのは私だけでしょうか?(笑)
    こちらは値段が高価で4000ドルぐらいの価格帯のようです。

    ちょっと、日本では敷地事情の関係などで普及は難しそうですが、ブログ村でもとっても広いお庭のおウチも見かけますので、一部では需要があるのではと思いました。

    う〜ん。我が家用にもうちと小さいタイプのものが出ないだろうか・・・
    持って行かれる心配がありますけどねぇ。


    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村



    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪

    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ
    みんなのWeb内覧会
    WEB内覧会<総合>
    WEB内覧会*玄関
    WEB内覧会*キッチン
    WEB内覧会*洗面所
    WEB内覧会*お風呂
    WEB内覧会*トイレ
    WEB内覧会*階段
    WEB内覧会*ダイニング
    WEB内覧会*リビング
    WEB内覧会<和室>
    WEB内覧会*寝室
    WEB内覧会*子供部屋
    WEB内覧会*書斎
    WEB内覧会*ワークスペース
    WEB内覧会*外構
    ローコスト住宅等の情報&住宅巡り
    魅力ある家づくり...
    家づくりを楽しもう!
    いえづくりのこだわり
    新築・リフォームの間取りアイデア
    家づくり
    新築一戸建て
    マイホームブログ
    住まいと暮らし
    マイホーム、我が家
    DIYブログコミュニティ
    庭・外構・エクステリア・リフォーム



    参加ランキング
    スポンサードリンク:

    自己資金マイナスからの太陽光は、いきなりプラス収益とな!

    スポンサードリンク


    完工までご紹介した太陽光シリーズの続きです。

    実は、予想以上の太陽光発電を付けられたことと、そのパフォーマンスに感激したこともブログのタイトルの由来の一つとなっています。

    太陽光発電
    太陽光発電


    まずは、最終的に費用がどれだけかかったのかです。施工見積は以前紹介したとおりですが、全体ではこのようになります。
    太陽光精算

    別途リフォーム瑕疵保険に、4万円ほどかかったので、額面としては約180万円ですね。
    そこから、補助金が33万円ほど出ましたので、実質負担は約147万円となりました。

    補助金から出る前に、150万円の太陽光ローンを組みましたので、実質自己資金は26,300円のマイナス負担だったことが判明しました。
    一度30万円ほど支払ってから、それ以上の補助金が返ってきたことになるのですが、当時は、あまり実感がなかったです...
    もちろん、使い込んでしまったわけではありませんが...(^^;

    ということで、実質負担0円どころかマイナススタートだったのですが、月々の成績はどのようになったかを見ていきます。

    201208-201312_発電売電推移

    入居直後からの電気代(買電)は、以前も少しご紹介しましたが、最初からあらためて記載しています。
    我が家の太陽光は、2013年1月から発電を開始しています。
    カナディアン・ソーラーの発電予測を無事に上回ってくれました!

    では、肝心の売電が金額にどのように影響したのか見てみます。
    201208-201312_発電売電金額推移

    売電開始の1月は、売電金額から買電とローン支払い分を差し引くとマイナスですが、なんとその後は一貫してプラスになっているではないですか!12月は、かなりすれすれですが、なんとかプラスを維持しました(笑)



    もう少しわかりやすくグラフで確認してみましょう。
    こちらは、発電予測と発電実績です。
    201208-201312_発電予実グラフ
    やはり、最初はシミュレーションどおりにちゃんと発電してくれるかどうか心配ですよね。
    我が家は無事、シミュレーションを上回る発電実績を出してくれました!


    次は売電と買電の推移です。

    201208-201312_買電買電グラフ

    思い切って、6.4kwの出力を取り付けただけあって3万円を超える売電収入を何度も出してくれました。
    買電に関しては、一度も一万円を超えなかったようです。これは、アコルデの家の省エネ性能も貢献しているのでしょう!


    そして、売電金額と差し引きの収支状況です。
    201208-201312_売電差し引きグラフ

    1月に一度マイナスになった後は、このようなバランスでプラスの収益を出し続けてくれました。

    そもそも、太陽光はローンを精算した後にようやくプラス収益となるイメージだったので、電気代も払った上でプラスになるとは驚きです。

    もちろん、ローンはまだまだ残っているというものの、実質毎月の電気代は負担がなくなりキャッシュフローを生み出してくれていると言うわけです。

    この結果は、思わぬ我が家の家計改善に貢献してくれることとなり、大変助かっています。

    とはいえ、10年後の固定買い取りが終わった後に太陽光をどうするか考えなければなりませんし、雨漏り対策など思わぬ出費の可能性もありますので、得られた収益分は大切に貯めておこうと思っています。


    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村



    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪

    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ
    みんなのWeb内覧会
    WEB内覧会<総合>
    WEB内覧会*玄関
    WEB内覧会*キッチン
    WEB内覧会*洗面所
    WEB内覧会*お風呂
    WEB内覧会*トイレ
    WEB内覧会*階段
    WEB内覧会*ダイニング
    WEB内覧会*リビング
    WEB内覧会<和室>
    WEB内覧会*寝室
    WEB内覧会*子供部屋
    WEB内覧会*書斎
    WEB内覧会*ワークスペース
    WEB内覧会*外構
    ローコスト住宅等の情報&住宅巡り
    魅力ある家づくり...
    家づくりを楽しもう!
    いえづくりのこだわり
    新築・リフォームの間取りアイデア
    家づくり
    新築一戸建て
    マイホームブログ
    住まいと暮らし
    マイホーム、我が家
    DIYブログコミュニティ
    庭・外構・エクステリア・リフォーム



    参加ランキング
    スポンサードリンク:

    窓が狭くならずに刷新できるリフレムリプラスの可能性

    スポンサードリンク


    先日、トゥルーライフのモデルハウスの完成見学会に伺った話を書きましたが、当日LIXILの方が来られていたので、実は以前から気になっていたことを聞いてみました。

    我が家の採用したサッシはDuoPGというアルミサッシでございます。
    一応、DuoPGは一定の需要があり製品として継続しているようですが、既にアコルデ/トゥルーライフの標準はサーモスに移行しているとのこと。サーモスは窓枠がスッキリしていいですね、なんて話をしていました。

    注文住宅の窓
    注文住宅の窓

    お聞きしたのは、実はアルミサッシのDuoPGとアルミ樹脂サッシのシンフォニーの枠が共通仕様のため、障子だけ入れ替えてアルミ樹脂のシンフォニーにすることが出来るという説は本当か?という話です。

    さすがLIXILの担当者さん、その場で即答でご説明があったのですが、確かに枠の仕様は同じものの枠の中にシンフォニーの場合は樹脂パーツがはめ込まれているので、障子だけ入れ替えれば良いというわけではないという説明でした。

    おそらく、この違いをおっしゃっている気がします。
    duoPGs_シンフォニー違い
    左がDuoPGで右がシンフォニーなんですが、確かに枠の形は同じなのですが、シンフォニーには樹脂のパーツが枠内に入っていますね。

    逆に、この枠のパーツを入手するか、この分の性能を無視(?)すれば、なんちゃってシンフォニー化が可能ということの気もしますが(笑)
    ただ、そもそも我が家の場合、シンフォニーは準防火対応に問題があったという話を見かけた気がするのでNGだと思いますが。

    まぁ、このあたりは興味本位のレベルなのですが、岡本社長やkodatenokisekiさんとも雑談で、窓の性能上げるには内窓が確実ですねーなんて話もしていました。ただ、窓が二重になることでの圧迫感や見た目・掃除の心配もあるなんてことも。

    気持ち的には、見た目と使い勝手からできれば二重にせずに窓をグレードアップできると理想です。(と言っても、今やりたいわけではありませんがw)

    でも、窓リフォームって、窓枠が構造と一体化しているので簡単に外すことが出来ず、かなり大事なんですよね。
    従来からこんな製品もありましたが、古い窓枠の内側に新しい枠を付けるので、どうしても窓の開口エリアが一回り小さくなるイメージでした。
    リフレムII
    この製品が採用しているカバー工法という、旧窓枠内に新窓を取り付ける方法は、構造に傷を付けずに施工できるので、工事による雨漏りリスクが低いのですが、ちょっとこれでは、もったいない感じがしますし、工事が大変そうです。

    しかし、先日発表されたばかりのリフリムリプラスという製品が、かなりこの問題を大きく改善しているみたいなのです。
    リフレムリプラスデザイン
    この通り、まさに間口広々とれるリフォーム窓のようなのです。
    ただし、現時点では引違い専用とのことですが。

    このように立ち上がり部分が、最小24mmとのこと。
    リフレムリプラス_24mm
    この数字が凄いかどうかは、正直この画像では実感がありませんが、日経アーキテクチュアの記事には、わかりやすい写真が載っています。見ていただくには、登録が必要ですが・・・

    個人的には、かなりインパクトのある違いがあり、びっくりしました。

    施工方法についても、かなり改善されたようです。
    リフレムリプラス簡単施工
    最短90分での施工というのは、かなりすごいのではないでしょうか?

    室内から施工できるので、二階などの窓でも足場なく施工ができるようです。
    リフレムリプラス簡単施工2
    シーリングもいらないので、マスキングや乾燥を待つ時間も不要になり、施工のスピードアップにつながっているとのこと。

    これは、消費者目線での魅力だけでなく、施工側の目線での製品づくりにかなり努力された様子がみられ、LIXILさんの企画開発力が面白いなぁと関心してしまいました。

    日経アーキテクチュアの記事を見る限り、単板窓の住宅の窓を入れ替える目的のようですので、すでに複層窓の我が家の場合にはあまり導入メリットはない製品だと思われます。

    ですが、将来的に窓の製品が飛躍的に向上した場合に、導入メリットが出て来る可能性があるのではと思いますが、今回の導入された施工方法がより改良されて、窓の開口の縮小を気にせずリフォームできるようになっていると、選択肢が広がるなぁと感じてしまいました。



    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村



    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪

    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ
    みんなのWeb内覧会
    WEB内覧会<総合>
    WEB内覧会*玄関
    WEB内覧会*キッチン
    WEB内覧会*洗面所
    WEB内覧会*お風呂
    WEB内覧会*トイレ
    WEB内覧会*階段
    WEB内覧会*ダイニング
    WEB内覧会*リビング
    WEB内覧会<和室>
    WEB内覧会*寝室
    WEB内覧会*子供部屋
    WEB内覧会*書斎
    WEB内覧会*ワークスペース
    WEB内覧会*外構
    ローコスト住宅等の情報&住宅巡り
    魅力ある家づくり...
    家づくりを楽しもう!
    いえづくりのこだわり
    新築・リフォームの間取りアイデア
    家づくり
    新築一戸建て
    マイホームブログ
    住まいと暮らし
    マイホーム、我が家
    DIYブログコミュニティ
    庭・外構・エクステリア・リフォーム



    参加ランキング
    スポンサードリンク:

    DuoPG シンフォニー リフレム リフォーム 障子 窓枠

    我が家の複合機マイミーオは、結局どう置いた?

    スポンサードリンク


    ルーターとプリンタをどこに置くか悩んだ話の続きです。

    今回は、前回ご紹介したマイミーオを、どのように置いたかをご紹介しますね。

    パソコン&デジモノなど
    パソコン&デジモノなど

    いきなり結論ですが、このように置かれております。
    プリンタ_IMG_1152
    電話代の上に、ホームセンターで調達してきた板を乗せてから置いたというわけでございます。

    本当は、マイミーオの左側に受話器が付けられるのですが、この収まりにしたかったので受話器は外し、子機だけで運用しております。(子機2つ付きのセットにしました。)

    次は正面からです。
    プリンタ_IMG_3343
    電話代の左側に隙間が空いてしまっているのですが、板とマイミーオのバランスを考えて、この位置関係にしました。

    この電話代は、我が家の食器棚やダイニングテーブルとおそろいで購入したパイン材のものでして、かれこれ20年ものでございます。

    さらに、次は横から
    プリンタ_IMG_3344
    かなり奥行きが足らなかったのがわかりますね。
    でも、追加した板は、後ろをカットしてもう少し奥行きを詰めても良かったかもしれません。

    面倒なのでそのまま使いました。
    もちろん、乗せただけでは不安定ですので、後ろ側で金具でガッチリ電話代と固定していますが、天板部分には一切穴が空かないようにしました。

    ちなみに、取り付けてある電源タップはダイニングテーブルでホットプレートを使うときに便利なので追加しました。
    本来ならキッチンカウンター下あたりにコンセントを付けておけばよかったのですが、当初は気づかなかったポイントです。

    次は、側面の全景です。
    プリンタ_IMG_3345
    電話代の後ろ側も隙間が大きくコンセントの配線が見えて見苦しかったのですが、こちらもホームセンターで焼杉の角材を買ってきて取り付けたら意外に違和感がありませんでした。

    最初は、見切り材とかきれいな柱を探していたんですが、結構いい値段がするんですよね。
    たしか、この焼杉の角材は400円ぐらいだったので、助かりました。

    そして、我が家のルーターの居場所がこちらです。
    プリンタ_IMG_3346
    ここに電話回線が来ているので、フレッツ光のルーターを格納しまして、そのまま無線LANルーターも置いています。
    当初は引き出しの中で大丈夫かなぁと心配しつつ、木製なのでいけるのではとチャレンジしてみたところ、無事問題なく無線LANも使えております。

    ただ、部屋の位置によっては電波が届きにくいところがあるようですが・・・

    この写真で、わかる人にはわかるのですが、マイミーオを無線化した方法を次回ご紹介しますね。

    ということで、我が家の電話、ファックス、プリンタ、ルーターは全て、この場所に無事収まったということです。

    当初は、そんなに複合機なんて使うの?という家族の反応でしたが、プリンタだけでなく、意外にコピーやスキャナとして活用することも多いので、大変重宝しております。


    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村



    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪

    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ
    みんなのWeb内覧会
    WEB内覧会<総合>
    WEB内覧会*玄関
    WEB内覧会*キッチン
    WEB内覧会*洗面所
    WEB内覧会*お風呂
    WEB内覧会*トイレ
    WEB内覧会*階段
    WEB内覧会*ダイニング
    WEB内覧会*リビング
    WEB内覧会<和室>
    WEB内覧会*寝室
    WEB内覧会*子供部屋
    WEB内覧会*書斎
    WEB内覧会*ワークスペース
    WEB内覧会*外構
    ローコスト住宅等の情報&住宅巡り
    魅力ある家づくり...
    家づくりを楽しもう!
    いえづくりのこだわり
    新築・リフォームの間取りアイデア
    家づくり
    新築一戸建て
    マイホームブログ
    住まいと暮らし
    マイホーム、我が家
    DIYブログコミュニティ
    庭・外構・エクステリア・リフォーム



    参加ランキング
    スポンサードリンク:

    電話 ファックス プリンタ コピー スキャナ ルータ 無線LAN 電話台 ホームセンター