どうも引っかかる明細の書き方

    スポンサードリンク

    先日訪問したアツカワホームから、約二日後に見積りの返事がありました。
    実は、アツカワホームの営業のMさんへの妻の印象はあまりよくなく、私も正直この人と家づくりをしようというイメージはできませんでした。
    さらに、アツカワホーム自体にも、特に印象の残る魅力も感じていなかったのですが、万一価格面と仕様のバランスで優位性があれば選択肢に乗ってくるかもしれないので、一応検討しておこうと思っていました。

    見積りの合計金額を見ると、なんと80万円近い値引きを計上してくれており、アチチホームに迫る金額条件が出ています。
    30坪で990万円のプランに200万円分の選べるポイントが付いているのですが、次のオプションが参考として提案されています。


    1. サイディング15・16mm【ニチハ・旭トステム・kmew】→【40万P】

    2. オール電化仕様【IHヒーター含】→【50万P】

    3. 1階LDK 電気式床暖房 【12年保証】→【25万P】

    4. まとめてネット5ヶ所→【20万P】

    5. キッチン・クリナップ・クリーンレディー食洗機付→【20万P】

    6. バス・パナソニックココチーノS暖房乾燥機機能付→【15万P】

    7. キッチン家電収納式食器棚W1800mm→【20万P】



    この内容でも、あと10万ポイント余っていました。
    まとめてネットや食器棚とかはいらないかもと思ったので、何か他を選んだ方がよいかもしれません。

    うまく選ぶと、アチチホームを上回る条件かもと思ったのですが、実際はよーく比較してみるとアチチホームよりも100万円ぐらい余計に費用がかかることがわかりました。といっても、ウスカワの見積に比べるとかなり安いとは思います。
    見積り項目別に細かく比較して判明したのですが、このポイント制のプランというのは実質価格が分かりにくくなり比較が本当に難しかったです。ポイントで選べることがお得なような気分になりますが、半端な10万ポイントなどの使い道をむりくり考えている時点で無駄遣いが出ている可能性もあります。

    スポンサードリンク


    一瞬混乱したのが、見積明細の中に合計に含まれていないものがあったこと。

    アツカワ見積1
    見積書のこのへんにある・・・

    アツカワ見積
    この部分です。

    たいてい建築確認申請費用は、必ず見積書の総額に含まれていることが多かったのですが、この見積書では明細に括弧書きで45万円と書いてあるものの、合計には含まれていません。

    これ、さらっと見てしまうと、すっかり見積り費用に含まれていると誤解されてしまうのではないでしょうか?
    せめて、見積り合計に含まれていませんとか、補足説明を入れるべきだと思うのですが・・・

    別途かかる費用を書いてくれているという意味では親切な気もしますが、なんとなく安く見せようとするテクニックじゃないのかと勘ぐってしまうのは、疑い深過ぎますかねえ。。。


    あとは、アチチホームとは違い、共有部分以外の照明器具が含まれていないことなどもろもろ計算すると、やはり合計で100万円近く差がありました。

    ただし、実は200万円のポイントは、40万円分で建築確認申請費用に当てたり、照明器具を選択することもできるので、かなり金額面では近づけることはできそうな気がしました。

    最終的な条件では拮抗してくる可能性があるので、本当に依頼するイメージができていないものの、とりあえず検討をキープしておくことにしました。
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    PR

    参加ランキング

    見積 確認申請 明細 ポイント 照明 値引

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment