家づくりなんて、やめちまえ的な・・・

    スポンサードリンク

    もう、充分すぎるほど検討を重ねたと思っていました。

    最初は、建売りでと思っていたのがいつの間にか、建築会社をいくつもまわり、最初は特にイメージがなかった家へのこだわりの仕様もいくつも見えてきました。

    土地どころか、建売りでさえ物件の選択肢が少なく、やはり学区内に絞った物件探しは難しいと感じていました。
    それでも、なんとかぎりぎりの条件に会う土地に出会い、比較対象となる候補の物件は次々とふるい落とされて行きました。

    土地に100%を望むのは、予算が限られた我が家には難しいことを実感させられました。

    候補の土地向けに、自ら考えてみた間取りが思いのほか、理想に近い間取りに近づきました。

    到底無理ではと思われた予算も、ローコストで建てられる会社の見積もりから、なんとかクリアできる目途が建ちつつありました。

    一番心配であった融資も、銀行への事前相談で、不可能ではない事が確認できました。

    一度は、あきらめた物件を、きわどい交渉でなんとか改めて帰るようになりました。

    気になる候補が出てくれば、結果を見届けられるまで充分に待ちました。

    もう、これで7区画分譲の土地に進む機は熟したと思っていました。

    しかし・・・妻必殺の・・・

    「え〜、本気なん? (あの土地)いら〜ん。」

    最も、恐れていた事態です。

    スポンサードリンク


    この心配は、22区画分譲地の情報を初めて聞いた瞬間からありました。
    正直、「余計な情報を・・・」と四季仲介を恨む気持ちもありました。

    実は、22区画分譲が出る前は、日当りや立地の不便さも承知の上で、妻の方から7区画分譲に「言っとこか」と言い出していたのですが、今となっては「そんなん言ったっけ?」と言い出す状況です。

    既に、22区画分譲が建売りということも確定し、もう迷う余地もないはずなのですが、建売りでも22区画分譲の方が良いとまで言い出しました。

    22区画分譲と言っても、区画割りや物件の広さや地形、間取りプランまで全く何もわからない状態にも関わらずです。

    恐らく建売りで細かく分譲するので26区画ぐらいになると言われていたのですが、その中から理想の物件があるのではという確証のない期待をしているように思えました。

    一度は、踏み切ろうと思った7区画分譲地ですが、22区画分譲の登場により、日当りの不満や立地の不満など、引っかかっていた不満が再燃したようです。

    もしかしたら、そもそもローンを組んで家を買うという恐怖から、どちらにしても前に進む事が怖かったのかもしれません。

    私の中では、22区画分譲の中で理想の日当りの条件があったとしても、手の届かない価格帯になることを確信していました。
    もうここで踏み切れず、いつになるかわからない情報を待つのなら、7区画分譲地はあきらめるしかない、いや、もはやこれからも「決める」という行為が不可能に思えました。

    レストランでも、なかなかメニューを決められない妻の性格は十分に知り尽くしていたはずです。
    もう次はない家づくりで、失敗したくないという不安もわかっているつもりでした。

    それでも、妻から繰り出される妥協のない様々なダメ出しに、もう精神的に極限状態に陥っていました。

    とうとう、禁断の

    「もう、こんなん、絶対決まらんわ。家買うのなんかやめよう。やめてまえ。もう、俺はいやや。もう、いらん。」

    という言葉を、不覚にも口にしてしまったのです。

    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    PR

    参加ランキング
    関連記事
    スポンサードリンク

    6 Comments

    りんご66  

    No title

    初めましてe-420
    すご~く気持ちわかります!
    土地選びが一番大変だった・・と今も
    思います。
    つ・・次はどうなるんですか~?!

    2013/02/04 (Mon) 12:23 | REPLY |   

    まっしんはやぶさ  

    コメントありがとうございます!

    > りんご66さん

    そうなんです〜。共感してもらって嬉しいです!
    でも、この時は本当にいっぱいいっぱいで、ダメでした( ̄▽ ̄;)

    りんご66 さんは、現金で土地を買われたんですね!
    すごいっ!
    また、ブログにもお邪魔させていただきますね。

    次は、ですねぇ(汗)。
    本編で・・・(汗)。

    2013/02/04 (Mon) 19:57 | REPLY |   

    れん  

    うーん

    みんな、通るんですね、この道(^^;
    でも、ビジョンがはっきりしているからこその、問題抽出なのかな〜と思いました。
    諦めなくて、本当によかったですね(^^)
    続きが楽しみです。

    2013/02/04 (Mon) 21:36 | EDIT | REPLY |   

    さみぞー  

    No title

    はじめまして。
    いつもブログ拝見させていただいてます。

    その気持ち、すごく分かります。
    ブログに書いてませんが、自分も似た状態になりました。
    しっかり調べてでた結果なのに、それを考慮せずにいろいろ要求してきて・・・

    自分たちは説明・説得を繰り返して解決しましたが、
    まっしんさんのほうは、これからどうなるのか気になります!

    2013/02/04 (Mon) 22:32 | EDIT | REPLY |   

    まっしんはやぶさ  

    みなさん通るんですか?(苦笑)

    > れんさん

    似たような事があるんですね(^^;

    自分にはない視点をチェックできるので、すごく大事なプロセスだったと思います。
    しかし、「決める」ということは、本当にエネルギーがいりますよね。

    大きなローンを組み、終の棲家となりうるのですから。

    本当にあきらめなくてよかったという結果まで、もうすこし続きをお楽しみくださいませ〜。

    2013/02/04 (Mon) 23:27 | REPLY |   

    まっしんはやぶさ  

    > さみぞーさん

    コメントありがとうございます!

    私もさみぞーさんのブログをいつも拝見させていただいています♪
    部屋の広さを重視されている点など、とても共感しています。

    さみぞーさんも同じようなご苦労をされたんですね〜。
    わかっていただけて嬉しいです(^^;

    色々言われるんですが、結局はそれらの文句も背負いながら決める役割が宿命なんでしょうねー(苦笑)。

    続きは、展開を想像しながら、もう少しお楽しみくださいませ。

    2013/02/04 (Mon) 23:35 | REPLY |   

    Leave a comment