LIXILショールームで、そんな電動シャッターって、アリーズ?

    スポンサードリンク


    今回は、LIXIL東京のショールームを訪問した話しです。

    2012年5月時点で、東京都江東区にあった大きな総合ショールームだったのですが、現在は新宿のほうに移転してしまったようです。

    江東区のビルは、LIXIL資料館となっているようなので、まだビルはあるみたいです。

    ということで、既になくなったショールームの話しでスミマセン(^^;

    主な目的は、玄関ドア選びと機能門柱の視察です。

    LIXILのホームページを見ると、各ショールームにどのような製品が展示してあるかがわかるのですが、東京ショールームは置いている商品が圧倒的でした。

    水廻りを既にタカラで決めてしまったので、キッチンなどを見る楽しみは少ないですが、こういうイベントも注文住宅の醍醐味なので頑張って東京まで遠征です。

    まず、サッシやドアが展示されているフロアで、最初に目に飛び込んできたのは電動シャッター。

    top.jpg

    こんな感じなんですが・・・・

    スポンサードリンク


    スイッチを入れてみると・・・

    ari_01_6.gif

    なんじゃこりゃぁーーー!!!

    シャッターの間に空いています。
    隙間が空いたままで止められるので、このまま風を通せるようです。

    隙間の空きかたは、こんな感じ。

    air_01.jpg

    しかも、このシャッターが閉まっていく動きが、すごいかっこいいんですよ。
    上から下りて来たシャッターが、最初は隙間が空いているんですが、下から順繰りに敷き詰められていく動作と音が男心をくすぐりますw

    スポンサードリンク


    思わず、近くにいた職員さんに「我が家は電動シャッターが付く予定なのですが、この製品って電動シャッターですか・・・???」と興奮気味に謎の質問をしてしまいました。

    すると、「これは、特別高級な商品なので、おそらく一般的にはこちらのの電動シャッターになると思いますよ」と冷静に別のカタログを渡されました……

    確かにこんな値段の電動シャッターが、我が家のローコスト仕様で付いているわけないしw

    2012-05-05_アリーズ

    でも、デュオPGって書いてるからつい・・・もしかしてと・・・何を勝手に期待してんねんって話しでした(笑)……orz





    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村



    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪

    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ
    みんなのWeb内覧会
    WEB内覧会<総合>
    WEB内覧会*玄関
    WEB内覧会*キッチン
    WEB内覧会*洗面所
    WEB内覧会*お風呂
    WEB内覧会*トイレ
    WEB内覧会*階段
    WEB内覧会*ダイニング
    WEB内覧会*リビング
    WEB内覧会<和室>
    WEB内覧会*寝室
    WEB内覧会*子供部屋
    WEB内覧会*書斎
    WEB内覧会*ワークスペース
    WEB内覧会*外構
    ローコスト住宅等の情報&住宅巡り
    魅力ある家づくり...
    家づくりを楽しもう!
    いえづくりのこだわり
    新築・リフォームの間取りアイデア
    家づくり
    新築一戸建て
    マイホームブログ
    住まいと暮らし
    マイホーム、我が家
    DIYブログコミュニティ
    庭・外構・エクステリア・リフォーム



    参加ランキング
    関連記事

    LIXIL ショールーム 電動 シャッター 玄関ドア サッシ 機能門柱

    2 Comments

    ふぃくしー  

    No title

    このシャッター格好いいですよね
    当初は付ける予定で見積りだしてましたが、
    準防火地域の壁に阻まれて泣く泣く断念しました。

    2013/06/19 (Wed) 18:32 | REPLY |   

    まっしんはやぶさ  

    > ふぃくしー さん

    付けるつもりだったんですね!すごい!!!

    でも、アリーズは、準防火地域はNGなんですね。
    じゃぁ、我が家も準防火対象なので無理でしたねぇ。
    って、元々予算的に無理でしたけど(笑)

    2013/06/19 (Wed) 23:06 | REPLY |   
    匿名コメントは名前とメルアド(非公開)に適当な文字列を入れて
    「ゲストとして投稿する」をチェックして投稿できます
    ゲスト投稿は承認待ちとなるので非公開コメントに使えます。