ストライプフェンスの寸法は芯から芯で測るべし

    スポンサードリンク

    前回見つけたストライプフェンスを取り付けるための計画を考えていました。

    まず、ストライプフェンスの寸法はこんな感じです。

    tokutyu.jpg

    横幅1200mm×縦1095mmですね。ちなみに、横幅を詰める特注サイズを受けてくれます。
    確か、特注料金1000円だったかな。

    ただ、この寸法だと高さが足らないので、ブロックを増積みする必要があります。
    ということで、コンクリートブロック(CBブロック)の寸法を確認。

    cb-1.jpg

    この中途半端な寸法は、恐らく目地分を引いているのだろうと思うので、実質は、幅400mm×高さ200mmで計算します。

    スポンサードリンク


    後ほど書きますが、このフェンスを建てたい範囲は約7mぐらいなので、こんな感じかな・・・

    西ブロックストライプフェンス1

    高さは、CBブロック三段とフェンスの高さを合わせて、約1.8mなので、当初のラティスフェンスと同等の高さを確保できます。

    横幅は、CBブロック18個で約7.2mです。
    ストライプフェンスを1200mm × 6枚でぴったり7.2m! ・・・・で良いと思っていました・・・

    しかし、このストライプフェンスは、両端についている柱は、断面が3cm × 6cmの長方形になっていて、柱が合わさる事で6cm角の柱になるようになっています。

    このため、両端には柱端部材を付ける必要があります。
    tanbu-2.jpg


    こんな感じの取り付け風景。
    tanbu-1.jpg

    アルミの専用柱端部材が売っています。
    sthashira30x60.jpg

    ということは、フェンスの土台となるブロック部分を、単純に1200mm×6枚で7.2m分と考えていたのですが、少なくとも両端の柱端部材分がはみ出ることになります。

    スポンサードリンク


    つまり、このフェンスは長さを柱の芯から芯で計算しなければなりません。

    西ブロックストライプフェンス1-2

    こういう事です。

    となると・・・

    西ブロックストライプフェンス2

    この図の上の例が7.2mで想定した場合ですが、フェンスがブロックからはみ出ます。
    下の例のように、少なくともハーフサイズのブロックは継ぎ足して、7.4mぐらいにしておかないと寸法が足らなくなります。
    厳密には、固定する金具の寸法も考えないといけないのですが、ここでは話しを省きます。

    でも、実はこの時点で、7.2mでOKと思っていたんですよねぇ(汗)
    これから検討される方は、十分気をつけてくださいませ。

    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    参加ランキング

    外構 ストライプフェンス CBブロック

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment