野地板施工でも裏からしっかり固定する方法?

    スポンサードリンク


    太陽光の投資対効果を考えると、やはり価格の安さは軽視できません。
    しかし、楽天ソーラー(当時)のシャープパネルの場合でも、野地板施工なのは大丈夫なのか・・・と心配になって来ていました。

    また、Panasonic HITと東芝のパネルの性能も捨てがたく、何を優先すべきか本当に悩ましかったです。
    そこで、ちょうど連絡があったエコルマンドに野地板施工の心配をぶつけてみたところ次のような提案がありました。


    1. 赤外線センサーを使ってなるべく垂木に金具が固定できるように施工することは可能。

    2. それでも野地板にビスを打たなければならない場合は、屋根裏から補強板を当てて飛び出るビス頭部分もしっかり固定する施工が可能。



    赤外線?補強板?なんと、そんな施工ができるとは!
    補強板の追加はさすがに数万円の費用の追加となるようですが、この心配を解消するためなら意味のある金額かなとは感じられました。

    ただし、補強板の施工はパナソニックの場合のみということでした。

    イメージは・・・・

    補強板内
    (画像はお借りしています)


    まさに裏から固定することになるようです。
    この写真でもラベルが貼ってありますが、補強板自体がPanasonic純正の部材のようなんですよね。
    ただの板とはいえ、ちゃんと指定されたものがあるんですね。

    これなら、ビス頭もほとんど隠れていてかなりしっかり固定されそうで安心ですので、価格で楽天を選ぼうかなと思っていた気持ちがPanasonicがやはりいいかなと気持ちがまた揺らいでいました。

    しかし、この後まさに板挟みでさらに悩まされることになるのです。



    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村



    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪

    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ
    みんなのWeb内覧会
    WEB内覧会<総合>
    WEB内覧会*玄関
    WEB内覧会*キッチン
    WEB内覧会*洗面所
    WEB内覧会*お風呂
    WEB内覧会*トイレ
    WEB内覧会*階段
    WEB内覧会*ダイニング
    WEB内覧会*リビング
    WEB内覧会<和室>
    WEB内覧会*寝室
    WEB内覧会*子供部屋
    WEB内覧会*書斎
    WEB内覧会*ワークスペース
    WEB内覧会*外構
    ローコスト住宅等の情報&住宅巡り
    魅力ある家づくり...
    家づくりを楽しもう!
    いえづくりのこだわり
    新築・リフォームの間取りアイデア
    家づくり
    新築一戸建て
    マイホームブログ
    住まいと暮らし
    マイホーム、我が家
    DIYブログコミュニティ
    庭・外構・エクステリア・リフォーム



    参加ランキング
    関連記事

    太陽光 補強板

    2 Comments

    新宿鳥  

    No title

    まっしんはやぶささん、こんにちは♪

    通勤時間にスマホで拝読しているのですが、まだまだ読み終わらないです!(今、土地が決まるらへんです) ずいぶん長く続けてらっしゃるのですねー。すごいわ。大先輩だ。

    最近は太陽光についてが多いっぽいですね。うちはまったく考えてないので何のコメントもできないのですが、家造りと同様にしっかり詳細に検討されているのでしょうね♪

    2015/07/04 (Sat) 15:30 | REPLY |   

    まっしんはやぶさ  

    > 新宿鳥さん

    こんばんは、バードさん!
    コメントありがとうございます。

    土地が決まるあたりといえば、悶絶しているところですかね。
    もう遥か昔の話で懐かしいです。
    当時は、必死で毎日更新していたんですが、今はすっかり週一ペースになってしまいました。

    太陽光もすでに三年前ぐらいの話になってしまってるので記憶も曖昧なんですが、これが最後の大きな家造りのイベントなのでのんびり書いています。

    たまに太陽光以外の話も挟んで行こうと思っていますので、気が向いたらお立ち寄りくださいませm(_ _)m

    2015/07/04 (Sat) 23:29 | REPLY |   
    匿名コメントは名前とメルアド(非公開)に適当な文字列を入れて
    「ゲストとして投稿する」をチェックして投稿できます
    ゲスト投稿は承認待ちとなるので非公開コメントに使えます。