横幅190cmで、あこがれの一面カウンター食器棚を擬似的に!

    スポンサードリンク

    今回は、食器棚検討シリーズの続きでございます。

    前回、190cm幅の食器棚のおバカな組み合わせを思いついたと書いたのですが、その背景には家電スペースと収納スペースの確保を両立したいという欲張りな思いがありました。

    建築プランの検討当初から、水越美枝子さんに影響を受けて当時気になっていたケユカの食器棚のように、横一面にカウンターになっているタイプに惹かれていました。

    でも、確かケユカのものも、このタイプは横幅160cmぐらいまでで、横幅180cmの一面カウンタータイプはほとんど見かけませんでした。
    本来は、システムキッチンの背面収納でやれば、下のカウンターと上部の棚を組み合わせてやるものだと完璧だと思うのですが、システムキッチンメーカーのものって鬼のように高いんですよね。

    なぜ、一面カウンターにこだわるかというと、単に家電を置くスペースを確保するだけでなく、少しでもキッチンの作業時の仮置きスペースがあると便利になる

    やはり、高橋木工所の組み合わせでも、一面カウンターは160cmまでしかないので、我が家の180cm or 190cmを一面カウンターにすることはできません。

    しかし!

    考え方によっては、高橋木工所のパーツだと擬似的に実現できるのです。

    その組み合わせとは、こちら・・・
    190_高橋木工組み合わせ
    わかりますでしょうか?(笑)

    高橋木工所のEXセレクトとモアαでは、上台に130cmとか150cmなどの他社では珍しい中途半端な寸法のものがあるんですよね。
    しかも、右端のように60cm幅の家電スペースのある上台があるんです。この上台は収納部分が観音開きになっています。

    130cmの上台と60cmの上台の間には仕切りができてしまうのですが、実質横幅190cmの一面カウンターと考えられなくもありません(笑)

    ここに家電を実際に置いてみたイメージがこちら。
    190_高橋木工組み合わせ_on_家電
    右端の部分に電子レンジを置いて、その左にオーブントースターを置いてみました。
    どちらにしても、この二つの家電でカウンター部分を占拠してしまうので、その間に仕切りがあってもあまり気にならないかなぁとも考えられます。
    ただし、60cm幅の家電スペースだと入るレンジのサイズが限られそうですが、今の所そんなに大きなレンジを使っていないので、大丈夫そうです。

    カウンターの左端にパン焼き器を置いてみましたが、パン焼き器は移動可能なので、結構なカウンタースペースを使える余裕がありそうです。

    オーブントースターを置いたままでもかなりスペースに余裕があるので、現在のキッチンからはみ出たオーブントースター問題も見事解決できます。

    しかも、横幅10cmが広がった分、下部の炊飯器カウンター部分も一般的な40cmよりも50cmと若干幅が広いです。
    測ってみると、ぎりぎり我が家愛用のティファールケトルも炊飯器に並べて置けそうです。




    10cmとはいえ、上部、下部含めて収納スペースも拡大しているはずなのでちょっとでも収納力が増えて効率的で、われながらグッドアイディアだと悦に浸っておりました(笑)

    でも、実はこの組み合わせは可動部やパーツが多いためか、結構高くつく組み合わせなんですよね。
    しかも、自分で提唱しておきながら、やはりカウンターに仕切りが入ってしまうのは美しくないよねとモヤモヤもしていました。こんな組み合わせって、あんまりしないですよね。

    と、こんなことを考えながら、島忠のexセレクトの展示スペース前をウロウロしていたのです。

    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    PR

    参加ランキング
    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment