うっ、古賀家具だ。あの白い奴だ。

    スポンサードリンク

    食器棚編の続きでございます。




    前回は、気がついたらメガマックスまで自転車でたどり着いてしまったというところまで書きました。

    実は、行く前にメガマックスを勧めてくれたMAXさんに相談メールをしていたのですが、立ち去った直後に詳しい提案と写真を送ってくださいました。この写真を使いながら訪問の様子をご紹介しますね。
    ちなみに、MAXさんが何者なのかはご想像におまかせします(笑)

    まず、店舗に入っていきなり目に飛び込んで来たの商品を見ての感想がこのイメージ。

    白い奴

    うっ。幅1800mmだ!
    あの白い奴だ!


    [これ、分かる人どれだけいるかな・・・]

    その商品というのがこちら
    セレクト本体
    エスエークラフトに続いて、1800mm続きのオープン食器棚がここにもあるではないですか!
    島忠での1800mmサイズはないという説明はなんだったのだろう・・・

    カタログスペック上では、エスエークラフトで1800mm幅のオープンカウンターが出来ることを確認していましたが、まだ実物を見たことがなかったので、こちらの展示はとても新鮮でした。

    ちなみに、この写真はMAXさんが撮影してくれたのですが、実は私がこの前に仁王立ちしていてなかなか撮影できなかったということを後々知ります(笑)。アポなしで伺ったので、お互いのことをわからずにすぐそばにいたようです。

    この家具は、福岡県の「古賀家具」というメーカーのセレクトという商品でした。
    某家具店でもこんな写真を撮ってチェックしていたのですが、すっかり存在を忘れていました。

    古賀家具_IMG_2682

    こちらは、あえてメガマックスではない某家具店でのオーダー表です。
    古賀家具セレクトオーダー表_roomz
    メガマックスは、これよりさらに嬉しい価格だったのですが、ここには書きづらいので内緒です(苦笑)

    よく見ると、上台には二種類あり高さ957mmのものと、下台913mmを合わせれば高さ1870mmとなり今使っている食器棚と同じ高さになります。
    これなら全く問題なく、我が家の吊り戸棚の下に置けそうですが、MAXさんからは20mmほど台輪カットをした方がよいとのアドバイスがありました。

    一応、吊り戸棚下は1900mm高のスペースがあるのですが、あまりギリギリだと良くないようです。

    あと、オーダー表の見方を勘違いしていたのを店員さんに説明してもらってわかったのですが、この商品は上台を置く場合には、天板が必要ないのだとのこと。上台に天板がくっついているのだそうです。

    天板パーツを上台と下台とは別に組み合わせるのが、他のメーカーでは普通だったので必要と勘違いしていました。
    二万円ぐらいする天板パーツが不要なだけでも、かなりお得感があり嬉しいびっくりです。

    とにかく、私は展示品の1800mmブチ抜きオープンカウンターと全面白とのすっきり感に圧倒されてしまったのですが、カラーも色々選べます。
    セレクトカラー

    さらに提案があったのが、松田家具のモノリスです。(今は松田家具のホームページには見つからないので、ディスコンかもしれません)

    メガマックスの店員さんに1850mmぐらいの高さに収まる食器棚を探していることを伝えるとイチオシで紹介されました。
    モノリス本体
    お勧めポイントは、綾野の高グレード商品と同等の独ヘティヒ社のアーキテック引き出しを採用しており、約30kgの重さにも耐えられる頑丈さとのこと。
    他にも耐震ロックやソフトクローズ引戸など、高機能な商品です。
    古賀家具よりは、ワンランク上の価格帯でしたが、綾野よりはかなり買いやすい価格だと思います。

    ただ、なんとも残念ながら我が家の条件には合いませんでした。。。。
    モノリスオーダー表
    この商品は下台が固定になっており、ダストボックスタイプが選べないんですよね。

    1800mm幅のオープンも可能なのですが、惜しくも選択肢からは外れました。

    その他にも色々ご紹介はいただいたのですが、古賀家具のセレクトが私に強烈な印象を残します。

    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    参加ランキング

    メガマックス MEGAMAX 家具 食器棚 古賀家具 松田家具

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment