[民法235条?]我が家が丸見えの窓を目隠ししてもらえる可能性は時間との戦い

    スポンサードリンク

    隣の建売のお話の続きです。

    前回は、寝室の窓の目の前に、思いもよらなかった位置に、お隣の窓が現れたことを書きました。

    この状況に遭遇して、過去の記事に一つコメントをいただいたことを思い出します。


    内容は、自宅の南側に建築中のお家の窓に目隠しをして欲しいとお考えでお悩みとのことでした。
    この時、境界から1m未満に他人の宅地を見通すことの出来る窓を設置する場合に、目隠しを付けなければならないと取り決めた民法235条の存在を初めて知ります。


    ===========================================
    第235条
    境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。次項において同じ。)を設ける者は、目隠しを付けなければならない。
    ===========================================

    こんな決まりがあったんですね・・・


    コメントをもらった際には、まったく自分ごとと思っていなかったのですが・・・・
    隣の家との配置関係2F _1メートル以内
    確認すると、我が家の寝室から見える隣の窓は、確かに境界線から1m未満の設置と言えます。

    この位置から考えて、寝室だけでなく、我が家の宅地を見通すことが出来ると言えるのでは!?

    しかし、一方で、民法236条では
    ===========================================
    第236条(境界線付近の建築に関する慣習)
    前2条の規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。
    ===========================================
    と、必ずしも強制的とも言えない内容が書いてあります。

    地域の慣習と言われても、ちょっとわからないですよね・・・・
    建売業者が自信をもって、この配置で建てているのですから、慣習上は全く問題なく目隠しもなくて問題ないという認識かもしれませんし・・・

    仮に、この第235条を主張できるとしても・・・・
    • 建築中とはいえ既に売り出されている。早々に買主が決まる恐れがある(まさか、もう決まっている?)
    • 該当の物件は、我が家に向く面含めて三方角地相当の開放感と陽当たりでアピールして売り出している可能性が高い。
    • 買主が決まった後に主張すると揉める可能性が高い。
    • できれば、買主が決まる前に決着を付けたい。
    • しかし、パワービルダーの社名はわかっているものの、どの営業所が担当なのかがわからない。
    • あたりを付けて連絡して外れだった場合に、取り次ぎを待つ時間のロスが大きそう。
    • 電話で最初に出る担当者の対応が万一遅い場合のリスク。
    • そうこうしている間に、買主が決まる。
    • 目隠しを付けてもらえても買主と険悪なムードに(ずっとお隣さんとして住まなければならないのに)

    という懸念があります。

    とにかく、あっという間に建てて売ってしまうパワービルダーの物件です。
    ボヤボヤと悩んでいる余裕はありません。

    ここは、迅速かつ確実かつ相手と意思疎通できる方法を取る必要がありました。

    さらに、つづきます。

    時間との戦い
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    PR

    参加ランキング

    民法235条 目隠し フェンス 境界 隣地

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment