category: 奇跡のマイホーム奈良編  1/1

    20年前の奈良の家の写真を発掘[その2]

    前回、ご紹介した奈良の家の写真の続きです。今回で発掘したのは全てになります。早速ですが、外壁の板張りの様子が残っていました。あらためて見ると、随分手間がかかってたんですねぇ。構造用合板を面で貼っていくのと比べるとかなり時間が掛かりそうです。この後、防水シートを貼って、ラス網〜モルタル〜吹付け塗装だった訳なので、建売とはいえ建物の価格が高かったのもうなずけます。奈良の家の建物相当金額と、今の家を比較...

    •  0
    •  0

    20年前の奈良の家の写真を発掘[その1]

    タイトルの通り、奈良編の続きでございます。確かどこかに奈良の家を建てた時の写真があるはずだと思っていたのですが、とうとう発掘しました。もちろんフィルム時代の写真なのですが、大量のプリントとネガとセットで段ボール箱の中に眠っていました。建築日誌 木造住宅が出来るまでなかなか見る機会がないですし、デジタル化したほうが便利だなぁと思いつつ、なかなか手を出せないままです。かれこれ、フィルム時代ですので、そ...

    •  0
    •  0

    マイホームクラウドで奈良の家の内覧会

    以前、マイホームクラウドという、間取り作成Webサービスをご紹介したところ、中の人からコメントをいただくという、大汗の展開になりながらそのままになっておりました。生意気にも、サービスのダメ出しするような記事だっただけに、大変恐縮でございます。新築・リフォームの間取りアイデア素晴らしいのは、稚拙な当ブログの記事をご覧いただいて、サービスの改良を早速試みていただいたとのこと。実は、直後にアクセスして試し...

    •  0
    •  0

    その外壁材は、貼るのではなく、吹き付けるタイルちゅうハナシ

    ようやく、奈良編の続きでございます。今回は、外壁材のお話です。当時、我が家をニシオカに紹介してくれた同僚の家の外壁材は、いわゆるリシン吹き付けというタイプだったと思います。外壁ニシオカに案内してもらった物件も圧倒的にリシン吹き付けの外壁材が圧倒的に多かったですね。当時は、まだまだサイディングは普及しておらず、建売では比較的低価格のリシン吹き付けを採用することが一般的だったのかと思います。とはいえ、...

    •  0
    •  0

    ミナミの帝王に代行させるニシオカのあってはならない失態とは

    奈良編の続きです。前回のエントリーでは、約60万円以上の値引きで団信生命保険の支払い分負担と相殺してくれというニシオカの申し出に、まんまと丸め込まれて(笑)契約に至った話までを書きました。正直、想定していた支払い計画をクリアできたということもありますが、偶然ながら60万円以上もの値引きを実現できたという時々に舞い上がった点は否めません。もちろん、ニシオカ側も元から想定した値引きではなかったと思いますが、...

    •  0
    •  0

    仲介手数料から10年分でどぉでっしゃろっちゅう話

    奈良編の続きでございます。一度は、マイホーム取得の夢を描き契約寸前まで進みながら、契約を断ってしまったところまでを書きました。逃した魚は・・・・と、よく言いますが、本当にこの選択は正しかったのかどうか、これから新婚の住まいをどうしたら良いのかと悶々とした日々を過ごしていました。そんなとき、ニシオカから一本の電話が入ります。ニシオカ「先日は、すんませんでした。説明不足で本当に申し訳なかったです」ニシ...

    •  0
    •  0

    重要事項説明で苦渋の決断

    奈良編の続きです。いよいよ、連棟一戸建て物件の購入を決心し、契約という日を迎えることとなりました。とうとう、自分の家を買うことになるんだという高揚感とローンを抱えるという複雑な心境にとても緊張していたことを思い出します。このとき初めて知ったのですが、契約の前に重要事項説明という宅地建物取引士という専門家による取引内容の説明の儀式があり、ニシオカの会社の事務所でも一番立派で広いと思われる部屋に通され...

    •  0
    •  0

    そんなものを貸してくれって、本気ですか?ちゅう話

    奈良編の続きです。今回は、ようやくニシオカの登場ですが、私の中ではトップレベルの仰天エピソードです。既に建売の購入に向けて、様々な手続きが進んでいるようでしたが、まったく要領がわからない私達は、すっかりニシオカの言われるがままに、書類を用意したりと指示をされていました。そんなある日、ずいぶんニシオカが慌てた感じで電話で、ひとつのお願いをしてきました。ニシオカ「お二人の実印預けてくれまっしゃろか?平...

    •  0
    •  0

    クロスを選べるはずなのに実は自由じゃない悲しい立場

    奈良編の続きです。心配していた私道の差し押さえの可能性を、とりあえず通行承諾書で保険をかけた上で、結局この物件で契約となりました。もちろん、このときベストな選択と考えたのもありましたが、契約を急ぐ理由が少しありました。ちょうど建築中なので、早く契約すれば壁紙や外壁の色を選べるらしいのですよね。すでに建て具やサッシの色は決まっていたみたいですが、ちょっとした注文住宅気分も味わえるとあって、急がされる...

    •  0
    •  0

    通行許可証をもらうが勝ちだが役に立つ?っちゅう話

    タイトルの通り?奈良編の続きでございます。言い回しがどこかで見た感じがするのは、どうぞ見逃してください(謎)さて、さすがにあんまり記憶にないのですが、前回書いた私道の差し押さえの可能性が、相当心配になったのだと思います。こんな書類が手元に残っていました。読みにくいので、本文をテキストに起こしてみました。 貴殿が、末尾記載の貴殿所有の土地を利用するために、私所有の下記土地を道路として使用するにあたり、...

    •  0
    •  0

    隣家が万一差し押さえられると大幅に価値の下がる物件

    また、番外編ネタで書きたい話が出てきたので、ここはグッとこらえて(笑)、放置ぎみの話の続きを進めます。今回は、奈良編の続きでございます。さすがに20年ほど前のお話なので、どのあたりで決め手となる話をしたのかが記憶が曖昧なのですが、なんとなく決めるぞという方向になりつつありました。ただ、とはいえ初めての家の購入、住宅ローンの心配など様々な不安の中にいたのですが、ちょうど有名ハウスメーカー勤務の義理の兄に...

    •  0
    •  0

    そこ、ホンマなんとか頼んますわ「お父さん」っちゅう話

    意外にニシオカへの注目度の高い、奈良編の続きでございます。前回、手付金が50万円も必要ということがわかり、やはり我が家にはいきなり家を買うなんてことは無理なのかと落胆しておりました。当初のニシオカの話では、いわゆる物件の頭金だけでなく、諸費用を含めた持ち出しとなる自己資金がほとんどゼロでも買えるようなニュアンスで説明を受けていたのに、やっぱり現実は違うことがわかり十分な貯金もない自分を棚に上げて「な...

    •  0
    •  0

    売主のキモチと持たざる買い手の憐れ

    アンケートの回答数が4件になりました!ありがとうございます!10件ぐらいまで集まったら一度ブログで報告しようかなと思います。しかし、届くだろうか・・・さて、前回の奈良編の続きでございます。「こぉきゅうに見える」が口癖のM社長も参戦して、色々と話を聞いているうちに私もかなりこの物件が良さそうと感じてきていました。ここまで、案内を受けて来たややこしい難のあった物件から比べると、近くに電車は通っていません...

    •  0
    •  0

    こぉきゅう(高級)に見えるんが社長の自慢っちゅう話

    3人の方からアンケートの回答をいただきました!ありがとうございます!さて、この時期になると、暑いさなか必死で引越ししたことを思い出します。入居したのが2012年8月31日なので、もうかれこれ入居以来4年も経過してしまいました。早いもんですね〜。アコルデが建ててくださったこの家は、今も全く問題なく快適な暮らしを提供してくれています。改めて感謝しなければと思い返す今日この頃でございます。さて、タイトルの社長は...

    •  0
    •  0

    ニシオカ流、いつ買うの今でしょの屁理屈

    [お試しで読者アンケートなど設置してみました。気が向きましたら是非ご回答をお願いします]奈良編の続きでございます。家を買う時に、物件価格以外に300万円近くもの諸費用が別途かかるという現実を思い知らされたのですが、頭金も出せないと言っている我が家に、ニシオカがなぜこんな物件を勧めるのか謎でした。どうやら、ニシオカは我が家に約3300万円もの借金をさせる構想のようです。この時点で、私の年収が約400万円、妻と...

    •  0
    •  0

    なぜ、三軒をわざわざ繋がった状態で建てるのか?

    奈良の家のエピソードの続きです。前回、三軒続きの連棟一戸建てという不思議な建て方の物件を紹介されたのは、頭金(自己資金)がないことと関係があるというところまで書きました。実は、この物件は、小さな土地でも当時の住宅金融公庫を受けられるようにするためにつなげられていたようなのです。当時、住宅金融公庫では、30年固定金利(といっても落とし穴があるのですが)で融資を受けられるようになっており、比較的銀行よりも...

    •  2
    •  0

    これって、一戸建てのようで一戸建てではないような・・・

    奈良の家のエピソードの続きです。前回、ニシオカから紹介された物件の間取りにおかしなところがあると書きました。その秘密は、一体何だったのでしょう?実は前回の間取りは完全なものではなかったのです。こちらが、本当の間取りの全貌です。三世帯住宅!ではありませんよ!(笑)我が家が紹介された物件は、左端になるのですが、実は三棟がなぜか一つになった物件だったのです。しかも、全部つながっているのではなく、二階の一...

    •  0
    •  0

    一見普通っぽいけど、実は少し普通じゃない奈良の間取り

    奈良の家のエピソードの続きです。前回書いたのが6月28日なのですが、あっと言う間に一ヶ月経ってしまいますね(汗) さて、前回ニシオカから紹介された物件が、意外にややこしいと書きましたが、その間取りをご紹介します。後日、現場で確認した内容をメモしていただいた間取りがこちら。二階建て、4DKの間取りです。書かれているのは、ニシオカの字ですが、なかなか丁寧な字と几帳面さに感心させられました。一階をアップしたのが...

    •  0
    •  0

    いよいよ本命? 広大な駐車場に隣接して分譲する物件

    久しぶりの奈良シリーズの続きでございます。次にニシオカに連れてこられた現場は、ちょうど上棟が完了したばかりという状況でした。[写真はイメージです]ニシオカ曰く、これまで紹介されてきた難あり物件とは異なり、自信をもってお勧めできる物件という触れ込みです。ただ、物件価格は2900万円とここまでで一番高い金額でした。イメージとして2600万円ぐらいを期待していました。現地で渡された物件の位置図書類が手元に残ってい...

    •  0
    •  0

    ガス、バス爆発したらどうすんの?ちゅうハナシ

    すみません。バスは関係ないです(笑)。しかも音読難しいwすっかり、ハナシシリーズ化してしまった?、ニシオカと旅する奈良の家さがしの話の続きです。次にニシオカが連れてきてくれた現場は、建築済みの建売物件でした。まとめてたくさん分譲した場所のようで、すでに周りは入居されており建築中の建物もありません。実は、ニシオカを紹介してくれた同僚も同じ分譲地内に住んでいるので、ここを選ぶと同僚とご近所さんになります。...

    •  0
    •  0

    家を買うたら一年で200万円貯めとけよっちゅうハナシ

    ハナシといえば、奈良編のニシオカシリーズでございます。ちなみに、本日お隣の土地を早速若い夫婦が見に来ておりました。昨日より、物件情報がオープンになったようで、いよいよ売り出し開始のようです。我が家もニシオカに無知のまま色々物件に案内してもらったことが思い出されます。だんだん調子に乗って身の丈に合わない要望を口にする私たちに現実を突きつけながらも、少し買う気になって来たと判断したのでしょうか。以外に...

    •  0
    •  0

    閑静な高級住宅地に住むのんも楽ちゃうで、っていうハナシ

    意外にも?一部の方々に注目いただいているニシオカが登場する奈良の家のエピソードの続きです。前回まで、何かと難ありの物件ばかりを紹介されてきたことを紹介しました。元々、家を買えるような貯金も十分な収入もない身分にもかかわらず、私たちのテンションがどんどん下がっていることをさすがにニシオカは感じ取っていたようです。確か、妻の口からは、じっくりお金を貯めて将来的に美しい新興住宅街に立つ家に住みたいという...

    •  2
    •  0

    水と暮らす?騒音と暮らす?

    実は今日、このブログを通じて、つながったある方とリアルでお会いしました。この方のご厚意のおかげで、とても満足度の高いおうち関係の新たな大きなお買い物をさせていただくことが出来ました。いずれ、このエピソードもブログで紹介しますね。ひとまず、素敵な出会いとご厚意にマックス感謝[謎]です!さて、話がたびたび飛んで恐縮ですが、今回は奈良の家のエピソードの続きです。前回の違法建築の見学は、なんらかのニシオカの...

    •  0
    •  0

    それはガチ違法建築の証だった"というハナシ"

    前回の奈良の家のエピソードの続きです。不自然すぎる吹き抜けの家に連れてこられたところまでを前回は書きました。一体なんなんだ、この家はと不思議そうにしている私たちを見て、リーゼントのニシオカはしてやったりという表情です。「これは、後で天井つけるんですよ」「あの部分も、後でちゃんとドアが付いて二階部分は部屋になります。」天井をつけるとこんな感じになるってことですよね?まぁ、これなら普通ですが・・・え?...

    •  2
    •  0

    ここは体育館ですか?という異常な天井の高さの新築に連れてこられる。

    今回は、意外に読んでいただけている奈良のエピソードの続きでございます。念のため繰り返しますが、この奈良のエピソードはかなり昔(1996年頃)のお話ですので、どうぞご了承のほど宜しくお願いします。さて、前回は絶望的な中古物件を見せられて、テンションガタ落ちになったところまでを書きました。どうやら、次はいよいよ新築の現場を見せてくれるということなのですが、まぁ、やっぱり新築を買いなさいというシナリオなのだろ...

    •  0
    •  0

    物件の見学は絶望的中古物件の内覧から始まった

    またまた、奈良のエピソードの続きです。前回は、貯金してから買うのも良いけど、金利が少しでも上がってしまうと、その努力もパーだよという理屈でリーゼント男のニシオカに説得されていたわけですが、まぁ、それも一理あるとは感じていました。で、買う買わないは別にして、ニシオカが買えると断言する家というのはどんな家なのか?というのを実際に見に行ってみようということになりました。この時に、初めて知ったのですが、不...

    •  0
    •  0

    今、家を買う?10年かけて1000万円貯金してからにする?

    奈良の家のエピソードの続きです。前回は、普通の方法でなければ、我が家でも家を買えるかもしれないということを、リーゼント男「ニシオカ」に吹き込まれたところまで紹介しました。しかし、結婚を前にして借金と貯金が同額という、まぁ実質手持ちゼロと言っても過言ではない我が家にとって、家を買うのはどうなのか?この点は、結婚前の妻がとても心配していたのも無理はありません。「やはり、しっかり貯めてからの方が・・・」...

    •  0
    •  0

    普通の方法では頭金ゼロでは買えません

    前回の奈良のエピソードで、現実に打ちのめされた後の続きです。頭金がいらないと言いながら貯金してたんじゃないの?会社の同僚が頭金がなくても家が買えると言っていたのは、やはりマンションで思い知らされた現実と同じだったのだろうか。あくまで同僚は、「頭金はいらない」と言っていただけで、やはりそれなりの諸費用分の貯金を用意していたんじゃないのか?なんてことを思いながら、どうしてもモヤモヤしていた私は思い切っ...

    •  0
    •  0

    頭金ゼロ家賃並みでおびき寄せて門前払いのモデルルーム

    昨年末に書き始めた、奈良の家のエピソードの続きです。前回の「お金がないから家を買う?という発想」の通り、本当に手元にお金はありませんでした。そんな時に、同僚から「頭金がなくても家が買える」という魅力的な話を聞いたものの、あまりの怪しげな内容に不動産屋の紹介を断ったという話までを書きました。頭金なしで家を買う方法が気になるでも、本当は、とっても興味があったんですよね。とはいえ、当時は今のようにインタ...

    •  0
    •  0

    お金がないから家を買う?という発想

    前回の奈良に住んでいた家を買った時のエピソードの続きです。タイトルですが、むしろ本当に「買った(笑)」のですが、今でも誰かにこの話をすると爆笑してもらえるネタです。さて、当時、手元に確かに120万円の貯金はあったのですが、これは挙式やら旅行やら既に使い道は決まっていました。しかし、頭が痛かったのが新居だったんですよね。まぁ、普通にハイツとかに住むのかなぁと考えていたのですが、物件を軽〜く探してみるとで...

    •  0
    •  0

    [新エピソード?]貯金と借金がプラマイゼロ[ローコストにこだわったわけ]

    いよいよ「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の上映が始まって、すでに賛否の意見が出てるみたいですね。我が家はまだ自宅で過去の作品を借りて来て復習しているところでございます。ちょっと、熱狂がおさまってから見に行けたらいいかなと思っておりますですはい。で、SWといえば、最初の三部作が公開された後に、過去を振り返る三部作が上映されました・・・だから、というわけではありませんが(笑)、突然ですが新シリーズ?(大...

    •  0
    •  0