雑学 - 1ページ目56 - 奇跡のマイホーム建築記録

    category: 雑学  1/1

    首も心も鷲づかみ?場所を取らずにコリをほぐしたい

    突然ですが、皆さん肩こってませんか?私はデスクワークが多いことと運動不足もあってか、肩こりがすっかり慢性化しております。以前は、ひどい肩こりの状態で、重いカバンを肩にかけて走ったら、首の筋がおかしくなって、歩くこともままならなくなったこともあります。その後は、カイロプラクティクのお世話になったりしました。そんな状態ですので、ショッピングセンターや電気量販店のマッサージチェアが空いていると、妻が買い...

    •  0
    •  0

    窓部分の壁も耐力壁に換算できる方法(その2)

    途中で力尽きた前回の続きでございます。窓部分の壁も耐力壁に換算できる方法(その1) - リフォーム次回のイエマガの記事を考えているところですが、筋交いが入る予定の壁に窓を付けたくて悩んだエピソードを思い出しています。そんなタイミングで、こんな記事をたまたま目にしたのですが、耐震フレームとサッシを組み合わせた工法を採用すると、窓部分を耐震計算できるとありました。なるほど、この方法なら筋交いが入る場所を置き...

    •  0
    •  0

    窓部分の壁も耐力壁に換算できる方法(その1)

    次回のイエマガの記事を考えているところですが、筋交いが入る予定の壁に窓を付けたくて悩んだエピソードを思い出しています。そんなタイミングで、こんな記事をたまたま目にしたのですが、耐震フレームとサッシを組み合わせた工法を採用すると、窓部分を耐震計算できるとありました。なるほど、この方法なら筋交いが入る場所を置き換えて、窓を付けることができるんですね。最新リノベーションの現場から、「家の性能」を考える -...

    •  0
    •  0

    窓が狭くならずに刷新できるリフレムリプラスの可能性

    先日、トゥルーライフのモデルハウスの完成見学会に伺った話を書きましたが、当日LIXILの方が来られていたので、実は以前から気になっていたことを聞いてみました。我が家の採用したサッシはDuoPGというアルミサッシでございます。一応、DuoPGは一定の需要があり製品として継続しているようですが、既にアコルデ/トゥルーライフの標準はサーモスに移行しているとのこと。サーモスは窓枠がスッキリしていいですね、なんて話をして...

    •  0
    •  0

    窓、全部締まってますか?

    ちょっと、気になる商品を見つけたのでご紹介です。さぁ、お出かけってときに、慌てて二階に駆け上がって窓の戸締まりを確認したり、外出から帰ってきたら外から窓が開いているのを発見して「アッー」ってなったことはありませんか?防犯・防災そんな心当たりがある方は、既にご存知どころか導入済みかもしれませんが、こんな商品を見つけました。トジマリをスマートにって、随分かっこいいじゃないですか!leafee magという商品な...

    •  0
    •  0

    手動シャッターを電動に変えることが出来る方法

    我が家の家づくりの中で、やっておいて良かったものは何かと聞かれて筆頭にあがるのが、迷いなく「電動シャッター」です。当時、ローコストで建てなければならなかった我が家にとって、電動シャッターなど選択肢にあがるはずもなく、ハウスメーカーの標準仕様でも、まず付いているところは当然みあたりませんでした。しかし、偶然電動シャッターを標準にしているローコスト工務店の仕様を見て欲が出てしまい、アコルデの岡本社長に...

    •  0
    •  0

    [マンガで] 「責任の谷間」なのかなぁホントに?[業者側心理がよく分かる]

    以前ご紹介した建築マンガの話の続きです(汗)このマンガ、読めば読むほどツッコミたい部分がたくさんあるんですよねぇ・・・今回は、ナゾのクレームが頻発!いったい、なぜ!?<後編>からです。今回は、牛島さんという施主夫婦が出て来てディスられるのですが、施主目線で見るととっても気分が悪いです(苦笑)プロ目線のマンガとコンテンツなので仕方がないのですが、プロ側がどのような感覚を持っているかがよく分かるので、これ...

    •  0
    •  0

    [この住宅マンガが面白い] 業者と施主の間に生まれる「感じかたの谷」?

    おぉ!アンケートの回答数がさらに8件まで伸びました!ありがとうございます!あと2件で目標の10件に届きます!是非アコルデ以外で建てたかたも気軽にご回答をお願いしますm(_ _)mさて、実は興味本意で「日経アーキテクチュア」のメルマガを購読しているのですが、最近面白いマンガが掲載されていることに気がつきました。マンガで学ぶ顧客対応術 熱血棟梁!一平太が行くというコーナーで掲載されているマンガなのですが、元々199...

    •  2
    •  0