2018年09月の記事 - 1ページ目 - 奇跡のマイホーム建築記録
FC2ブログ

    archive: 2018年09月  1/1

    4寸柱と3.5寸柱の組み合わせの我が家の設計はまずいのか?

    一般的には、ローコストな木造軸組み工法だと、3.5寸(105mm)の柱を採用していることが多いのではないでしょうか?我が家は、元々建売住宅を買おうと思っていたぐらいなので、柱の太さには無頓着だったのですが、ローコストな工務店でもオール4寸柱を標準仕様にしているところがありました。人間、現金なもので、予算内で手に入るとわかるとやっぱり「オール4寸柱」という強そうな響きに惹かれてしまいます。アコルデにも見積もりし...

    •  0
    •  0

    ピッタリサイズのカゴがなければ作るしかない!

    イメージ以上のオープンスペースを備えた窓際カウンターをGETして、大満足だったのですが、ひとつ甘く考えていたことをすぐに思い知ります。それは、オープンスペース部分に入れるちょうど良いサイズのカゴやケースが、全然見つからないんです!イメージとしては・・・キッチンが散らかるのは「片づけすぎ」が原因!?壁とカゴで改善できますキッチンのカウンター下や作業台の上は、悩みの多い場所です。この悩みを、「壁にかけるだ...

    •  0
    •  0

    幼木ばっかりの我が家の追加植樹たち(5年前)

    注文住宅は、色々と自分たちで選ぶ楽しみがあるのが醍醐味ではあるのですが、選ぶ楽しみというのは、ある程度お膳立てがあってのものという気もします。各分野の専門家を抱えるハウスメーカーや経験豊富な設計士さんだと、そのあたり上手なプランニングで施主の潜在的要望を可視化しつつ、セオリーから外れないようにアドバイスしながら「選択」の楽しみを与えてくれるんでしょうね。それらが、高級ハウスメーカーなどの付加価値の...

    •  0
    •  0

    [イエマガ更新!]坪単価より摩訶不思議! 外構工事費は比較できるか?

    先週、イエマガの第22回目が公開されました!前回は、外構の予算は50万円。どこまでできる?という、わずか50万円の外構予算の中で樹脂デッキ取り付けまで妄想するという無謀なお話をご紹介しました。ところで、外構予算50万円って、そんなに少なすぎるもんなんですかね?  ←まだ言ってるw外構費の予算の相場を調べてみると、建築費の1割という説をよく見かけるのですが、我が家が当初目指していた建築費1500万円だと、150万円もの...

    •  0
    •  0

    入居6年 変わる普通と変わらない普通

    ぼーっとしていたら、入居以来6年を過ぎていました。チコちゃんに叱られそう(笑)入居日は、2012年8月31日だったのですが、その二日後に撮影したキッチン様子が写真で残っていました。初めてのIHでの目玉焼きに挑戦しているのは、当時10歳の次男です。一個失敗したようです(笑)当然ながら、彼もこの春に高1に成長しまして、時の経つ速さを実感しております。(そしてコンロがピカピカw)ちょうど、アコルデの岡本社長と少しお話する...

    •  2
    •  0

    激安エクステリア業者のテラス屋根価格を徹底比較

    前回、固定タイプの柱ありテラスで気持ちが固まったかのように書きましたが、実際は最後まで柱なしテラス屋根含めて気持ちはグラグラしていました。最終的には、やはり柱ありを選択することになるのですが、先日の台風21号の強風を体験すると、本当に柱ありにしておいてよかったと痛感します。あちこちで、カーポートや屋根が吹っ飛んでいる映像を見ると壁付けした屋根なんて簡単にめくれあがってしまってもおかしくありません。外...

    •  0
    •  0

    トイレの有効幅を78cmより広くできた可能性

    かのアップル経営者のスティーブジョブスが、iPhoneの試作機を水没させて「泡が出るということは、隙間がある」=まだ、小型化できるはずということを技術者に言ったという逸話があります。実際はデマらしいのですが、コンピュータのソフトウェアの高速化や省電力化に励むエンジニアは、これに近い感覚で無駄を省く努力をしているので、ジョブスがいい出しても不思議じゃないなぁと思います。ありえそうだから、広まった話なんでし...

    •  0
    •  0

    満を持して選ぶソファのサイズをどうする?

    以前、ご紹介したとおり今年の3月に16年もののソファが、とうとう限界に達しました。革地と布地のリバーシブルの生地のどちらもへたりきった後に、ニトリのソファカバーを活用してごまかして来ていましたが、近年はあきらかにクッション性が失われていました。ずっと、今にも底が抜けそうという雰囲気をわかっていたのですが、買い替えを先延ばしにし続けていたのは、窓際カウンターが決まらなかったことにあります。さらに、その...

    •  0
    •  0