「事前に土地をしっかり調べる」会社に見積依頼

7区画土地現地から戻り、得た情報を、早速トゥエルブライフとCRJ、アチチホームにメールで連絡しておきました。

この人からは買いたくないのに - 土地探し

7区画の土地の情報を聞いてから、約一週間後の土曜日朝に、とうとうこの物件のチラシが自宅に入っていました。行方不明の土地持ち主と新たな7区画分譲情報 - 土地探し持ち主がわかった二つの土地の続報が、トゥエルブライフのIさんから連絡が入りました。えぇ土地の方は、火事のあとの持ち主の行方が全くわからないとのこと。...kisekinomyhome.blog.fc2.comと言っても、4区画建売りのチラシになっていて、3区画の土地売り部分は空...




50万円の給水取り出し工事を削減できる!

上下水道は引き込みが含まれているので、アチチホームの給水取り出し工事50万が削減できるかどうかを確認したのですが、思った通りでした。ワーイ♪ヽ(´▽`)ノ
アチチホームのSさんによると、7区画もあれば業者側で同時期に行った方が経済的だからだろうとのことです。元々全て建売りになってもおかしくない分譲なので、そうゆう計画なのかもしれません。

ただ、ちょっとここで疑問。
アチチホームのSさんは、この土地に50万の給水取り出し工事が必要という裏を取って見積もりに計上したのではないということなのか?現地は見に行ったと言ってくれたのですが・・・
私には、「50万が必要なくなってよかったですね」と言ってくれましたが、全体的に安くても見積の信憑性が心配になってきました。

本当に、この土地に希望の間取りが建てられるのか・・・???
土地を調べる
[写真は、あくまでイメージです]

あっ!!!

もっと念入りに土地を調べた方が良いのかも?

以前、無償で土地のことを調べますと言っていた100年ホームのことを思い出しました。

[建物の予算を先に決めて] キャンペーン価格と広い家の妄想 [土地を後で選ぶ?] - ローコストハウスメーカー

100年ホームでの続きです。まだ土地が決まっていないことをKさんに伝えると、「いいタイミングで来てくださいました。先に建物の検討を進めておくのがよいと思います」と嬉しそうに言ってくれました。...

100年ホームは、価格的に厳しいだろうと思っていたのと、実は営業さんの名刺にメールアドレスがなかったので、まだ見積もり依頼はしていませんでした。

比較的ハウスメーカーで遭遇したのですが、まだメールでの受付を行わないところがいくつかあり、私にはちょっとやりにくいなぁと思っていました。キャンペーンでの事前申し込みを勧めるところが特にその傾向がある気がします。

初めての土地情報のハウスメーカー持ち込み

ということで、100年ホームに早速土地の資料と希望間取りを持って、相談に伺いました。
実は、7区画分譲の土地で見積もり依頼をし始めて、建築会社に自分から足を運んだのは初めてでした。
他はメールで何度も間取りのやり取りを繰り返していたので、ちょっとまどろっこしい感じがしますが仕方がありません。

久しぶりに、Kさんとお会いし、早速土地の資料と希望間取りを説明しました。
ただ、ローコストとはいえ、立派なモデルハウスを展示するハウスメーカーですので、ウスカワ同様に見積もり金額にも限界がありそうです。見積もりの手間が無駄かもしれませんので、既に、かなり充実した仕様と安い見積金額を提示されている他社さんに惹かれていることを伝えてみました。

あわよくば!期待が高まるローコストハウスメーカーの本気勝負

さすがにKさんも、アチチホームの仕様と見積条件にはびっくりしていましたが、なんとか勝負させてほしいということです。



元々、100年ホームもアチチホームにも劣らない豪華仕様ですので、もしかしたらがんばってくれるのかもという淡い期待を持ってしまいます。

[本体価格380万円?] 豪華設備自慢の100年ホーム [ド派手なチラシ] - ローコストハウスメーカー

ローコスト住宅を調査していて、ギョクホーム、スキマ設計と並んで出てくるのが100年ホームでした。ホームページを見に行ってみると、何年前のデザイン?と思わされる古くさい見栄えと作りなのですが、注文住宅のWeb販売も行っていてピンポイントで先進的です(笑)。...


現在検討している建築会社の中では、唯一、妻の希望でもある瓦屋根が選べる会社です。
あと、長期優良住宅が標準で、しかも申請費が安いというのも魅力でした。

個人メールのやりとりを特別にOKしてもらえた

ただ、今後は他社さん同様に細かな質問などのやり取りが、電話か訪問前提だとレスポンスが悪いので思い切ってメールでの対応ができないか相談してみました。

Kさん曰く、100年ホームでは、強い会社の方針で営業に専用のパソコンやネット環境が与えられていないため、本当にメールでやり取りができないんだとか。随分堅いです・・・

申し訳ないと思ったのか、なんとか個人のメールアドレスなら・・・ということで、後ほど個人メールで連絡いただけるとのことです。これで、連絡がスムーズになると助かります。

まだ仲介業者には知られたくない

最後に、以前言っていた通り土地の素性や法規制などをしっかり調べたいので、仲介業者さんに連絡を取っていいですか?と確認がありました。
7区画土地は、仲介手数料0円のトゥエルブライフで購入するつもりでしたが、トゥエルブライフに連絡すれば、当然アルデンテにも伝わります。

行方不明の土地持ち主と新たな7区画分譲情報 - 土地探し

持ち主がわかった二つの土地の続報が、トゥエルブライフのIさんから連絡が入りました。えぇ土地の方は、火事のあとの持ち主の行方が全くわからないとのこと。...


この時点ではまだアルデンテに他社での見積もり状況を知られたくありません。
仲介業者には連絡を取ってほしくないことを伝えたところ、快くKさんはOKしてくれました。
法務局に行けば調べられるから大丈夫ということでしたが、手間が増えたんではないかと少し申し訳ない気持ちです。

100年ホームの豪華仕様も気になっていたので、ミラクルな返事があるといいなぁと淡い期待を残しながら自宅に帰りました。

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2013年01月13日
最終更新 2019年12月28日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply