呼び出された上に打ちのめされる見積り回答

    スポンサードリンク

    先にアツカワホームの見積り回答の話を書きましたが、実はアツカワホームへ見積り依頼に行った後にCRJを訪問していました。

    営業のKさんから見積りができたので会社まで来て下さいと連絡があったためです。
    できれば、メールで見積り回答をもらえると効率がよくて助かるのですが、おそらく対面で話をしながら説明をするポリシーなのだろうと思い、おとなしく伺うことにしました。

    もしかしたら、全く別の間取りのアレンジ提案などもあるのかと密かな期待をしながら・・・

    で、、、、

    Kさんからの回答にいきなり愕然….orz

    見積り金額は、まさかの最高値!
    勝手に退場のウスカワさえ凌駕する1700万円台後半の合計金額!

    しかも、他社より随分時間がかかった割に、A4ペラ一枚の見積書とざっくりした明細書のみで、プラン資料なども全くありません。見積書もどうもラフな体裁で、正式見積書として使われているものとは思えません。
    建具の数を拾ったような細かな明細でもないので、作成に時間がかかるような見積りにも見えません。

    何かがおかしい・・・全くやる気が感じられない・・・・

    そもそも、我が家の予算感は何度も話をしており、土地を見に来てもらったときには1500万以下にはしてほしいことや、他社から既に見積りをもらっていることも伝えました。このときは、隣地境界ブロックの費用を心配してくれたりして、熱心な印象だったのに・・・

    スポンサードリンク


    その時は、「子育て応援住宅の仕様で十分対応できると思います」と心強い回答をKさんからもらっていたのに、まさかに仕打ちです。

    見積りを見てすぐに「これは、高い金額を提示してのお断りの合図だな」と察しました。
    1700万では全く手は出ませんし、なんでわざわざ呼び出されたのかという怒りを抑えながら見積りを眺めていました。

    CRJは、セルロースファイバー断熱材を強く押していて、セルロースの施工費用だけで120万円も計上されています。これをグラスウールで我慢したら、削減できるんですかねぇなんて話をしてみましたが、全くそんなレベル感ではありません。

    元々、CRJの標準は、建具も玄関ドアもキッチンも設備がアチチホームやアルデンテより一段低い仕様です。
    その分コストダウン余地も大きいだろうということで、価格重視の見積りを期待していました。
    アチチホームやアルデンテの標準仕様も我が家には贅沢ではないかという自問自答があったので、CRJの金額が魅力的であれば、選択肢として考えたいと思っていました。

    この時点で見積り依頼した中では、ひとつ建設の見積りが安かったのですが、ひとつ建設の場合規格住宅なので、間取りの自由が効きません。CRJなら、ひとつ建設並の価格で、自由設計で建てられないかというのが内心の目論見でした。
    スキマ設計も安そうなのですが、なんとなく敬遠していたのでCRJに期待していました。

    CRJは、小屋裏収納のフローリングやクロスは、人の目に触れるものではないので最安のものを使って工夫するという話も聞いていて、合理的な価格を抑える工夫には共感していた部分がありました。

    Kさんからは、
    • 希望間取りの完成度が高すぎるので、わざわざご提案するほどでもありませんでした。

    • 総二階の間取りで、コストが抑えられるため、ご協力価格になっています。

    と説明があったのですが、全然やる気が感じられなく白々しくしか聞こえませんでした。

    スポンサードリンク


    実は、そばに社長も居らっしゃったのは分かっていたのですが、打合せの席には来てくれませんでした。
    過去二回の打合せには必ず同席してくれて、あんなに饒舌に語ってくれた上、年末にはきっと土地が見つかると励ましてくれていました。

    ようやく、土地の候補が見つかって最初の訪問で、そばに居ながら顔も見せないのですから完全にクロージングモードだなと実感しました。

    普通は、「土地が出てきてよかったですねぇ」などの一言で迎えてもらえるのが自然な感じがします。

    ここの社長はプライドが高い人だなぁと感じていたので、おそらく他社と競合させられるのを嫌ったのだと思います。見積りを出させて値踏みするようなやり方が気に入らなかったんでしょうね。
    この予算内でなんとかしてって本気で泣きついていれば、苦心してくれたのかもしれません。
    今までの話からも、もっと低価格で建築できるはずであることは分かっています。

    こちらももう少し上手にアプローチすれば良かったのですが、せめて呼び出す前に言って欲しかった。。。

    帰りの見送りでようやく社長が顔を出してくれましたが、どこかいつもと違い目を合わせてくれない感じだったので、この会社とは縁がないことを確信しました。

    と、冷静そうに書いていますが、当日の帰路は「何あれ?ムカツクっ!!!!」と妻と一緒に毒を吐きまくっていたように思います。

    ちなみに、実は妻がCRJでの建築の場合に懸念していたことがありました。

    CRJのホームページを見ると、過去の建築事例を見ていると、紅白の飾りがされた会場での着工式、かなり本格的で、乾杯あり接待ありスピーチありな上棟式の風景、テープカット付きのお引渡し式など、仰々しい儀式をしっかりされるようです。
    今時は略式でやる所も多いと聞くのですが、強制的にやらされそうで、絶対嫌だと申しておりました(笑)。

    とりあえず、この儀式はしなくてよかったのでホッとしていたと思います。
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    スポンサードリンク

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ


    参加ランキング

    見積 セルロース 小屋裏収納 標準仕様 上棟式

    関連記事
    スポンサードリンク

    2 Comments

    三紀彦  

    No title

    希望どおりの見積もりが帰ってくるとは限らないものですね。
    小生も同じような経験をしたものでとても共感いたしました。
    コチラがわの要望の重要度が正しく伝わらないのは歯がゆいものです。
    また寄せていただきます。

    2013/01/17 (Thu) 19:00 | EDIT | REPLY |   

    まっしんはやぶさ  

    Re: No title

    >三紀彦 さん

    コメントありがとうございます。

    共感していただけて嬉しいです。
    付き合いきれない客だとみなされたのだと思いますが、交渉を一方的にシャットダウンされてしまった感じを受けてすごく残念でした。

    三紀彦 さんのブログも読ませていただきました。
    太陽光の話も関心がありますので、また伺いますね。

    2013/01/17 (Thu) 22:40 | REPLY |   

    Leave a comment