今なら新築でもエコカラット付けるならあえて後付の方がお得かも?

梅雨とはいえ、これだけ雨が続くと家の中もずっと湿度が高くて部屋にカビが生えたりしないかちょっと心配になりますねー。

昨年、折角小屋裏収納の固定階段途中にエアコンを付けたので、除湿で24時間稼働をしてみようかと何度かスイッチは入れてみたのですが、なんとなく全館除湿に追いつかないのでは?という気がして途中で躊躇して止めてしまいました。

高高住宅ではない我が家の場合で、どのくらいの効き目と電気代になるのか気になってはいるんですけどね・・・

あと、在宅勤務の場合、子供部屋にドアを閉めてこもってしまうので、階段のエアコンの冷房効果は期待できません。
すでに、子供部屋にエアコンを付けた方がよいかなと頭をよぎっていますが、まだまだ夏はこれからなので、どのような在宅勤務生活になるのか、今から戦々恐々でございます。

さて、湿度といえば、調質効果のあるおしゃれな新築住宅定番のエコカラットがありますよね。
実際は、梅雨時の湿度を調整できるほど、過度な期待はしないほうが良いそうですが、本当はおしゃれな100%見た目だけが付けたい理由だったとしても、調湿効果と脱臭効果があるお陰で、採用する大義名分になりえます(笑)。

我が家もいつかどこかにエコカラットを付けてみたいと思いながら、はや約8年、未だ実現できていないのですが、条件によっては、これから新築で採用しようとする人にもお得かもしれないと思った情報があるのでご紹介します。

エコカラット新築_2194658_l
テレビの背面とかだと入居前につけておかないと面倒なんですけどねー



10平方メートル以上20万以上の工事代金で3万円分の商品券

以前もご紹介したのですが、一定額以上のリフォームで商品券がもらえるLIXILの株主優待の対象商品にエコカラットが含まれているんです。

なんて書くと、「うちは株やらないので、関係ないね」と思うかもしれませんが、今回はそうでもない話なので是非最後までご確認ください。

エコカラット_LIXIL_株主優待_IMG_8540

ただ、10平方メートル以上の面積で20万円以上の工事代(税抜)の場合なので、結構な面積に施工する場合になります。
LIXIL株主優待_工事費
一応、工事代はエコカラットだけでなく、他のLIXIL対象商品(水回り窓orエクステリア)を合わせて達成すればよいのですが、お手頃価格で新築直後に付けたいものって難しいですね。
断熱のためにインプラスをあえて後で付けるって人もいるみたいですが・・・

とまぁ、工事費の心配をする前に、そもそも株をやってなくても、関係なくないのはなぜなんでしょう?


LIXILの株主優待は譲渡可能

そうなんです。
LIXIL株主優待_譲渡可能2
一般的に株主優待って、株主本人しか使えない物が多いので、これは意外でした。
私も張り切ってLIXILの株を買って株主優待を正規にゲットしたときには全く知りませんでした(笑)

しかも、当時の目的だったカジタクでのエアコンクリーニングもまだ実現していません。
コロナ禍で見合わせていたのですが、そろそろ真夏も近いので実行してみたいんですけどね。。。。


LIXILの株主優待は意外と簡単に手に入る?

以前、島忠の株主優待で10%引きで買えるという話をブログに書いたのですが、このとき使ったチケットオンラインで、LIXIL株主優待も扱っていました。

ヤフオクメルカリでも、たくさん出ているので、簡単に手に入りそうなのですが、LIXILビバ(LIXIL VIVA)となっている株主優待券は、違うものなのでご注意ください。


コロナ禍で期限延期!今がチャンス!?

我が家が持っている株主優待券は、申込期限が本来2020年10月31日までになっていました。しかし、コロナの影響でいつの間にか来年の3月まで申込期限が延期になっていたんです。
LIXIL株主優待_期限延期
リフォームだけでなく、カジタクのサービスも同様に来年3月まで延びたので、慌てなくても良くなりましたねー。
といっても、そもそもエアコンシーズン前にクリーニングはしたほうがよいのですが(笑)

ただ、ということはですよ。
現在新築を検討している人、建築中の人でも十分間に合う可能性があるのではないでしょうか?
さらに、LIXILは経営が色々バタバタしていますし、コロナ禍の影響もあり株主優待制度が来年も継続される保証はありません。
もしかしたら、この特典が受けられるのは、今しかないチャンスなのかもと思って取り上げてみました・・・


うまく段取りすれば、入居前に施工を終わらせることも可能?

一応、LIXILの株主優待はリフォーム工事に対する特典になっています。新築の施工に一緒にしてしまうと申請できない可能性があるので、あえて後付(リフォーム)にしたら、この優待を受けられるという意味で書いてきたのですが、段取り次第で入居前に仕上げてしまうことも可能かもしれません。
例えば、建ててもらう工務店に一式で工事してもらう場合であっても、株主優待で申請するエコカラットの分は、追加工事として別の請求書にしてもらって、実質引き渡し時には工事が仕上がっているとか。
または、エコカラット工事は、別の専門業者で手配して、工務店からの引き渡し直後に入ってもらって、その後入居する段取りにするなどのパターンが考えられます。

実際、カーテンやエアコンの取り付け、外構工事を別業者にお願いする場合も引き渡し後に手配する場合も普通にあるので、同じような感じですね。

ただ、これが株主優待のリフォーム工事に本当に適用になるのかは不明なので、実際にご利用される際にはよくご確認ください。

うーん。やっぱりエコカラットやってみたくなってきた・・・(笑)


奇跡のマイホーム建築記録 - にほんブログ村
にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2020年07月13日
最終更新 2020年07月13日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply