断熱パネルに交換できる後付新発想網戸

ようやく涼しくなって来た頃に、網戸の話って、我ながら本当にいつもタイミングの悪い話題ばかりで恐縮でございます。

さて、わが家が建てた頃(2012年)は、建売住宅や一部のローコスト住宅で網戸が付いていないと聞いて驚いた記憶があるのですが、今でも同じようなことはあるんですかね?

網戸も一軒分全部の窓に付けると、10万円前後かかるようなので、予算が厳しい場合は取り付けを見送り場合もあるかもしれませんね。
また、高気密高断熱のハウスメーカーでは、窓を開けずに空調つけっぱなしを推奨しているので、夏場に窓を開ける必要がないという考え方で網戸を付けてないケースもあると聞きます。

そもそも、網戸が付いていると外観がよくないという考えで付けたくないという意見もあるので、単にコストの問題だけでもないようです。

確かにこの夏は、在宅勤務のためにずっとエアコンつけっぱなしの生活を送っていると、網戸は要らないかもという意見はわかります。とはいえ、今週は涼しくなって来たので窓をあけて見ると気持ちいいですね。
まだ蚊はいると思うので、やっぱりわが家には網戸は必要かなと思います。

アコルデの場合、もちろん標準仕様で全ての窓に網戸が付いていたのですが、ちょっと気になる点を調べていたら、興味深い製品を見つけたのでご紹介します。

window-3385992_640.jpg
確かに網戸のない窓は素敵なんですけどねー。でも窓を開けない生活ってのも考えられない@Reijo TelarantaによるPixabayからの画像



わが家の網戸の悩み事?

ひとつ網戸に関して悩ましいのが玄関のこの窓です。
02_01_IMG_0891_玄関の網戸
何度か、ブログでも書いた気がしますが、玄関を出入りする時にホコリだらけになった網戸が目につくんですよね。
だったらお手入れしろよという話なんですが、雨が当たりにくいとこなので、すぐに汚れちゃうんですよね。
また、そもそも網戸自体が、玄関先の至近距離で目にするには、あまり見栄えがよくありません。

そこで、このように上げ下げ窓の場合、外側の網戸になってしまうのですが、縦すべり窓と同じように内側に網戸を付ける方法はないものかと考えました。(内側の網戸は開閉時に虫が入りやすいなど別の問題があるんですけどね)
ただし、わが家は枠内にすでにブラインドを付けているので、ロール網戸を付けるスペースはなさそうですし、上げ下げ窓で内側にロール網戸を付けている事例は、あまり見かけたことがありません。

このような興味で網戸を調べていたら、次にご紹介する商品を見つけたという経緯です。

ただ、今気がついたのですが、シーズンオフは外側の網戸を外しておけばいいですね(笑)
どこに置いておく問題がありますが・・・・


すっごい網戸だからなまらアミード?

その商品は、北海道の会社が販売するなまらアミードです。
bnr-slide001.jpg
「なまら」とは、北海道の言葉で、「すごい」とか「すばらしい」という意味で、新発想の網戸なのだとか。

一体、どのような商品なのか見ていきましょう。


自分で採寸してオーダーメードで自分で取り付ける網戸

この網戸は、基本的にネット限定の販売で、業者さんが採寸に来て取り付けてくれるタイプの商品ではありません。でもDIYに不慣れな方でも簡単に注文して取り付けられるらしいです。

窓の開き方や網パネル毎に色々なタイプがあるようなのですが、VNP型という標準的なタイプの写真で見ていきます。

まず、網戸が付いた状態がこんな感じなんですが、とてもコンパクト(奥行きが少なく)に付いているのがわかります。
sanfurano-shop_nd-vnp-16_7-2.jpeg

ロール網戸って、窓枠の奥行きを取るので意外に存在感があるんですよね。
20071022a.jpg
[引用:網戸 | 横引きロール網戸の通販サイト]

実際上の写真のロール網戸では、枠部分だけで26mmの厚みがある(網戸ケース部分はもっと厚い)のですが、なまらアミードのVNP型の厚みは18mmだそうです。

製品自体はこんな感じで、上部に透明のプラスチックパネルが付いています(VNP型の場合)
sanfurano-shop_nd-vnp-16_9-2.jpeg

網戸自体は、このように枠と一体化したスライド構造になっています。
sanfurano-shop_nd-vnp-16_6-2.jpeg

全体で1kg程度と軽量らしいです。
sanfurano-shop_nd-vnp-16_10-2.jpeg

戸車なしで、指一本でスムーズに操作できるらしいです。
sanfurano-shop_nd-vnp-16_5-2.jpeg

ちょい傾いているのが気になりますが(笑)

窓を開け閉めするために、ハンドル部分だけが開口するようになっている構造で、常に網戸の存在感があるので、網戸を使わないシーズンの利用を考えると好みが分かれそうですね。

簡単にはずせるようなのですが、どこに置いとくねんという問題もありますしね。
外せるなまらアミード
[引用:新発想網戸のなまらアミード]

でもロール網戸から、なまらアミードに交換している方も施工事例を見るといらっしゃるのでニーズがあるのでしょう。




網パネルだけを交換できる

ロール網戸のデメリットの一つが、網を基本的に自分では交換できないことです。
パーツさえ手に入れば、なんとかなりそうな気もするのですが、今ひとつ情報不十分で、よくわかりません。
取替工事に来てもらう必要があるので、工賃が結構かかりそうでちょっと気になっています。

今の所、わが家のロール網戸はまだ大丈夫そうですが・・・

その点、なまらアミードでは、交換用の網パネルを購入すれば自分で簡単に交換できるようです。
網パネルは1,700〜2,500円ぐらいなので、これなら割とリーズナブルですね。

expanel1.jpg
[引用:なまらアミード商品 > 専用交換網パネル]




冬場は防寒断熱パネルに交換できる

これだけだと、夏も終わったこれからには関係ない話で終わってしまうのですが、冬場も活用できる機能がありました。

このように、網戸の代わりに防寒断熱パネルと交換して断熱と結露対策に利用できるようです。
jissi4142-0.jpg
防寒断熱パネルに交換できる
[引用:新発想網戸のなまらアミード]

DIY用内窓の中空ポリカのようなものかなと思うのですが、ホームセンターで売っているタイプのものは、枠などが華奢な感じで、きれいに仕上げる自身がなく敬遠してましたが、これだとしっかりしたものになりそうな気がします。

ただ、枠がアルミ製なんですよね。
一応樹脂製レールを使う、DIY用内窓に比べて性能面では?な感じですが、どうなんでしょうね。
なまらアミードのホームページには、あまり詳しい情報がないので気になります。

相太さんによると、DIYポリカ2重窓も過度な期待をしないほうが良いとのことなんですけどね。

【とにかく残念!】DIYポリカ2重窓を付けたら室温が下がった?

2018年は最強寒波が来て我が家の外の最低気温は過去最低のマイナス6.5℃を記録しました!我が家のリビングの室内温度も最強寒波の影響で前日の夜は20℃あったのですが、エアコン切った後に朝方7時前に室内温度を見てみると12℃まで下がることが多


あと、この夏場は冷房24時間稼働を体験してみたのですが、やはり窓からの熱損失を痛感するので、防寒だけでなく冷房効率が上がるなら、興味があります。
ということで、網戸と窓の断熱の両方の問題を抱えている人には、なにか参考になるかもと思いご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2020年09月17日
最終更新 2021年03月06日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply