周回遅れの手間暇かかったお見積もり

    スポンサードリンク

    7区画分譲地には手が出せず、22区画分譲地にはかすかな期待と不安で、時間を引き延ばされてまさに蛇の生殺し状態でした。

    間取り作成で気を紛らわしているところに、自宅に100年ホームからの分厚い見積りファイルが届きました。

    立派な紙ファイルに仰々しく大量の書類がファイルしてあり、一体何が入っているのかとびっくりです。

    早速目を通してみると、7区画分譲の土地に関する見たこともない様々な図面がファイルされており、本当に土地のことを調べてくれたようです。

    住宅建築のための法規制などの確認項目が、チェックリストになっていて、どのような法規制なのかや建築の障害にならないかなどが、記入されてありすごく分かりやすい資料でした。

    上下水がどのように引きこまれているのかまで、チェックしてくれたようで、手書きで書いた図もファイルされていました。

    ここまでの書類は、仲介業者に要求してもすぐには出てこない資料なのではないかと思います。

    100年ホームには、仲介業者には連絡しないようにお願いしていたので、これだけ調べるには、とても手間がかかったのではないかと思います。

    土地をしっかり調べますという言葉には偽りはありません。

    で、肝心の建物の見積なのですが・・・
    ウスカワの見積をさらに上回る金額になっているので、残念ながら手が出ません。

    スポンサードリンク


    やはり100年ホームは、規格住宅では驚きの金額を出しているものの、自由設計では他のローコストハウスメーカーと同等になってしまうようです。
    逆にそう考えると、間取りさえ合えば36坪で380万円で建てられるのは本当にお値打ちなのだと思います。

    見積りの内容は、ハウスメーカーに多い坪単価計算ではなく、建材や住宅設備一つ一つの単価と数量を拾いあげて積算したとても細かい、見積り明細が付いていました。
    住宅誌などでは、工務店が出す見積りとよく書かれている体裁です。

    そもそも、規格住宅がメインなので、自由設計で見積もりすることがあまりないのかもしれません。

    金額が合わないので、何を言っても仕方ありませんが、これだけの見積りの手間をかけてくれたのはとても感動しました。おそらく金額的にも、これでもかなり頑張ってくれたのだと思います。

    金額などの条件が合えば、土地のこともしっかり調べてあり、見積りの内容も明快なので非常に安心してお任せできるように思います。

    100年ホームは、ネットで検索すると結構トラブルや不満や批判の書き込みが、たくさん見られるので心配していたのですが、この見積の出し方を見る限りは結構真面目な会社だなぁという印象です。

    これらの資料は既に処分してしまったため、記憶に頼った説明しかできず残念です。
    貴重な資料なのに、せめて写真を取っておけば良かったです。

    しかし、もはや7区画分譲地は絶望的な状態ですので、既に他社の見積もり提示からは周回遅れで間が悪すぎます。

    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    スポンサードリンク

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ


    参加ランキング

    見積 規格住宅 自由設計 坪単価 土地 工務店

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment