洗面化粧台のゴミ受けは一回り大きくてよかった

衛生意識が高まって、手洗いに家族か洗面化粧台を使い機会が増えたからというわけではないと思いますが、久々?の妻からのクレーム案件でございます。

洗面化粧台の排水口のお掃除が大変だという主張なのですが、最初一体何を言ってるのかわかりませんでした。

どうやら、今や新築住宅の住設ではあたりまえのポップアップ水栓ならではの面倒くささへの不満だったのですが、心当たりのあるかたも多いのではないでしょうか?

ということで、早速本題にいってみましょう。

4514614_s_排水口
排水口の中の手入れが面倒やねん@Berutaさんによる写真ACからの画像



我が家の洗面化粧台はエリシオ

まず、我が家の洗面化粧台ですが、タカラスタンダードのエリシオです。
エリシオ
[実施承認図] 水まわり仕様一挙公開より

お引き渡し直後のエリシオの写真はこちら。

【Web内覧会】浴室〜洗面脱衣場 [おっ!引き渡し その5]

引き渡しフォトレポ第五弾です。ひたすら淡々とフォトレポが続きますwまずは、浴室の写真です。横長の鏡がお目見えしました。当初、コストダウンのために標準のLIXILの浴室だとシャワーヘッドがメタルではなくなる約束だったのですが、タカラの大盤振る舞いのおかげで、メタルヘッドになりました(^^)残念ながら浴室の写真はこれだけ(汗)。もうちょっと丁寧に写真を残しておけばよかったです(苦笑)でも、浴室を撮ろうと思うとかなり...



このエリシオの排水口が、このタイプのポップアップ水栓なわけです。(真ん中あたりが擦れて艶がなくなっています)
IMG_0434_ポップアップ有り排水口
当時は、栓の鎖もなくすっきりしていて、やっぱり新しい住宅設備はいいなぁと満足していたのですが、これが意外と困りもんなんですよね。

確かに、ボタンを押すだけで簡単に水が貯められる上に排水口の穴が隠れるので、見た目も良いのですが、中がこんな感じの構造なんです。(エリシオのとは厳密には違いますが、ちなみにケアキャッチャー付きケレップと呼ぶそうです。)
ケアキャッチャー付きケレップ
[引用: アイカ工業株式会社 ラバトリーボウル(人工大理石ボウル]
この栓の下に付いた白い部分に流した髪の毛などが引っかかるようになっているのですが、絡まった毛を取ったり洗ったりするのが、たしかに大変なんですよね。

とはいえ、私は、そういうもんだと思っていたら、同じようなストレスを抱えた人が他に沢山いるようで、妻いわく対策グッズがあるんだとか。


パンチングタイプにこだわる

その対策グッズというのがこちら。
洗面台排水口用 ゴミ受け パンチング
先程のケレップを取り外して、代わりにこのゴミ受けを排水口に取り付けるというのをやってみたいそうなのです。

ただし、このタイプにも色々ありまして、このような金網タイプではなく、毛の絡まりにくそうな上の写真のようなパンチングタイプがいいだろうということでした。
網タイプ

洗面化粧台で水を貯めるのはめったに無いので、このゴミ受けを付けておけば、こんな感じで簡単に溜まったゴミを捨てられるだろうということです。
排水口ゴミ受けイメージ

確かに、これなら見た目も悪くないですし、手入れも簡単そうなので検討してみることになりました。


サイズに悩む

このタイプのゴミ受けは、100均にもあるらしいのですが、ネットでも様々なサイズのものがたくさん出てきます。

サイズを間違えると間抜けなので、我が家の排水口の寸法を調べますと・・・

内径が約40mm
IMG_0397_排水口サイズ内径

外径が約65mm(測るところもっと中心やろ...汗)
IMG_0396_排水口サイズ外径

になってます。

ちなみに最新のタカラスタンダードの洗面化粧台は、フランジレス排水口というのに進化しているんですね。
フランジレス排水口

お掃除のしやすさに差がでる!ずっとキレイが続く洗面化粧台 | タカラスタンダード

毎日使う洗面所だからこそ、お掃除しやすい商品を選びたいですよね。タカラスタンダードでは、素材や形状にこだわり、お手入れカンタンな商品を取り揃えました。リフォーム・新築で洗面化粧台をお探しの方はこちら→


継ぎ目がなく、お掃除しやすそうで、いいなぁ〜


小さいゴミ受けは段差が問題

サイズに合わせて、最初に見つけたのがこのサイズの商品です。
エリシオの排水口の内径が40mmなので、凹み直径35mmで直径52mmのこの商品ならちょうど良いだろうと思いました。

35-45mm_排水口ゴミ受けSサイズ


しかし、この実例写真を見て思わぬ妻からの指摘が!!!
35-45mm_排水口ゴミ受けS_取り付け状態
一回り排水口のフランジよりもゴミ受けが小さいため、この段差を超えられない毛が挟まって、ゴミ受けを外した時に排水口に流れてしまうのではないかというのです。

うーん。そう言われてみれば、そんな気もするけど、全く思いもよらなかった。
サンプル写真にあるぐらいなので、小さくても良い気もするんですが、素直に次の選択肢を探すすることにしました(汗。


65mmの排水口に70mmのゴミ受けがピッタリ合う不思議

しかし、前述のゴミ受けよりも一回り大きいタイプを探すと、こんなサイズのものしか見当たらないんです。
8710800_03.jpg
エリシオの排水口は、内径40mm、外径65mmですから、完全に大きすぎますよね。
そこで、同じサイズをものを、いくら探しても出て来ません。

我が家のタカラスタンダードの仕様は、よほど特殊で売れる数も少ないのかなぁと落胆していたら、抗菌排水口ゴミ受け 洗面台用 大という商品のページに、こんな写真がありました。
8710800_04.jpg
これこそ、内径40mmの外径65mmでピッタリのゴミ受けじゃないですか!!!

しかし、さっきの外径70mmで内径44mmのゴミ受けの寸法画像って、この写真で紹介されている商品なんですよね。

えっ?どういうこと???
ゴミ受け自体は、一回り大きくても我が家の排水口サイズに合うということでしょうか?

ただし、買うならできれば、楽天かAmazonでと思ったので探してみたら、ほぼ同じにと思われる商品が楽天やAmazonにもありました。
NCC 抗菌洗面台排水口ゴミ受け大


寸法表記も同じなので、いけそうな気がしますが、楽天やAmazonには、外径65mmと内径40mmの排水口に取り付けた写真はありません。
NCC 抗菌洗面台排水口ゴミ受け大サイズ

しかし、これは直感を信じて、試してみようということになりました。


取り付けの結果...

では、早速ですが、購入して届いたゴミ受けがこちら。
写真を撮る前に勢いで乱暴に開封してしまったのですが....(笑)
IMG_0431.jpeg
抗菌パワーってのは、ステンレス製だからってことなのかな?(あまり興味がない...笑)

当然ですが、ピカピカです。
IMG_0430.jpeg
確かにパンチングでなめらかなので、毛やゴミが引っかかったりしにくく良さそうですね。

それでは、早速ゴミ受けを取り付けてみます。

まずは、取り付け前のケレップを外した状態。
IMG_0437_ゴミ受け取り付け前
外したケレップを写せないのは、やっぱりいまいち綺麗にしきれてないからです(汗)
漬け込み洗いしておけばいいんでしょうけどねー

そして早速取り付けた状態がこちら。
IMG_0439_ゴミ受け取り付け後
おぉ!期待通りピッタリサイズでした!
確かにフランジに対して一回り小さいのですが、実際はフランジの周りに凹みがあり、ちょうどそこにピッタリ収まるようになっているようです。

おかげで、妻のストレスも軽減し、簡単に流れた毛やゴミを捨てられるようになったと喜んでいます。
私も、出勤するときはハードコンタクトを使うので、洗浄する時に流れる心配がないので助かります。

きっと、この65mm&40mmタイプの排水口に合わせた設計のゴミ受けなのだと思うのですが、折角だったらその情報をもっとわかりやすく書いてくれていれば良いのになぁと思いました。

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2021年04月12日
最終更新 2021年08月10日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply