建築会社選びのラストチャンス

    スポンサードリンク

    実は、土地の契約日の夜にいくつかの建築会社に再度見積もり依頼をしていました。

    不可解な追加費用が出て来た、アチチホームとの打ち合わせは、その翌日ですので、この追加費用をもらったから怒って行動したわけではありませんw

    元々、土地が決まっても、建築会社の決定はぎりぎりまで吟味したかったのですが、7区画分譲の時に仲介会社と同時に、建築会社を絞らなければなりませんでした。

    結局、中立の神田川地所から土地を購入する事になったので、まだアチチホームに決めうちにする必要はありません。

    まだ、間取りなどの細かい仕様も確定していませんでしたので、アチチホームとの打ち合わせをしながらも他社に打診して見極めて行く考えです。

    ようやく土地の契約が完了したという報告とともに、見積もりの依頼をしたのが、この三社。

    100年ホーム
    アルデンテ
    アツカワホーム


    100年ホームは、前回自由設計で金額的に全く合わなかったのですが、今回土地が広くなったため、規格住宅タイプで格安のものが入る可能性がないかという考えです。
    ここまで、さんざん自由設計で検討してきたものの、やはり注文住宅にかかる金額の大きさを思い知っていましたので、もっと安くあげる方法も捨てずに検討しておこうと思っていました。

    スポンサードリンク


    100年ホームの場合、380万円の家など意味不明な安さのプランがあるので、金額によっては、間取りの不自由と天秤にかけて考えたいと思います。

    あと前回の見積もり時に細かな土地の調査をしてくれたのが、とても印象がよかったというのもあります。

    アルデンテは、本当は一番気になっていた建築会社なのです。でも、金額と仕様でアチチホームと差がついてしまっていたので、前回は苦渋の決断でアチチホームに軍配が上がりました。
    前回はこちらが勝手に無理だろうと判断したのもあるので、もしかしたら・・・という思いが残っていました。
    アルデンテには、気分を害されるのを覚悟で、アチチホームの仕様と見積内容を具体的に伝えて対抗できるかどうかを思い切って聞いてみる事にしました。

    アツカワホームは、あまり思い入れのある会社ではなかったのですが、前回かなりアチチホームに近づく見積を出してきました。

    ちょっと不明瞭なところもあるのですが、ポイントの使い方を工夫するとあるいはアチチホーム以上の条件を出せるのではという期待が少しありました。

    あと、そうそう。もう一社ありました。

    神田川地所から、是非見積もりさせてほしいと言っていたというオーハウスです。

    オーハウスは、建築事例やホームページを見る限りどう見てもローコスト系ではありません。

    これは絶対に価格が合わないので手間をかけるだけになるよと、やんわりと社長にも言ってみたのですが、自身がありそうになんとかできると思うというので、ここにもアチチホームの仕様と見積を伝えて本当に対抗できるのかズバリ検討してもらうことにしました。

    ローン特約が一ヶ月後の4月18日まででしたので、住宅ローンの本審査の時間を考えると3月末までには建築会社と見積プランを確定しなければなりません。

    今回、再度建築会社を比較検討する機会を得たとはいえ、約10日ほどで決めないといけないため、様子を見て駆け引きをしている時間の余裕はありませんでした。
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    スポンサードリンク

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ


    参加ランキング

    建築会社 見積 規格住宅 ローコスト 仕様

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment