[建売は500万円?] Quoカード目当ての潤沢情報館で聞いたパワービルダー事情 [注文住宅なら1000万円]

潤沢情報館♪でおなじみの、助難建設でアンケートに応えるとQuoカード2000円分をもらえるというチラシが入ったので、もちろん行ってきました(笑)。

潤沢情報館では、店員に声をかけられずに大量の仲介物件を自由に見ることができるのですが、入るなり営業さんに出て来てもらって話をしてみました。

しかし、紹介される物件は、建売・土地の両方とも他に紹介してもらったものと変わらず、目新しい物件はありません。

不動産物件情報


助難建設の注文住宅についても聞いてみたのですが、「うちは高いですよ〜」と言ってほとんど説明してくれませんでした。冷やかしと思われたのか、土地なしなので相手にされなかったのかわかりませんが、注文住宅のお客として扱われなかったようです。

なのですが、ここでも色々興味深いお話を聞くことができました。



布基礎と地熱利用を売りにしているところはオススメできない説

ハウスメーカーや工務店選びで注意する点がないかどうか聞いてみたところ、布基礎と地熱利用を売りにしているところはお勧めしないという意見でした。
布基礎とベタ基礎の存在を絵を描いて丁寧に説明してもらい、ベタ基礎の方がいいよ言ってもらいました。

地熱_基礎
[引用: 2012年 グッドデザイン賞[地震・津波に強い基礎 「地熱床システム」]


やっぱり、500万円で建てられるところがある

その後、500万くらいで建てられるところがあるらしいですね〜と言ってみたら、それはイヒヒ田グループだよとのこと。



500万で建てる会社も、T住宅も元々は同じ会社から派生したパワービルダーなのですが、少しずつ仕様や特徴が違うようです。




元を正せば、皆同じグループ

建売りなので、建物の価格は公開されていませんが、イヒヒ田グループの価格と評価は次のような感じだそうです。他にもあったように思いますが忘れました(^^;

・評価○ 700万 イヒヒ田産業(構造用合板工法)
・評価△ 500万 アマゾネスワン 
・評価○ 700万 ひとつ建設
・評価◎ 700万 T住宅(構造用合板工法)

この中では、T住宅は建売りとしては良い内容とのこと。
アマゾネスワンが、例の500万で建てる建売り業者で、やはりここでも評判が悪かったです。現場を一度見れば素人でも一目で善し悪しが分かるぐらいひどいそうです。イヒヒ田産業とひとつ建設は聞いたことがなかったので、後でチェックしておこうと思いました。

柱だけでなく合板で壁を支える工法

構造用合板の話も初めて聞かされました。最近の工法は、家の柱と柱の間にベニヤ板を貼るようになっていて、地震にも強いとのこと。
合板を貼らない昔の工法を採用しているところもあるが、当然強度が劣るということでした。
※ちなみに、この辺は言われたそのまま書いています。
 後々色々調べて、筋交いだけでも十分な強度を保てるなどの意見があることも知りました。

住友不動産_ウッドパネル工法
[引用: 住友不動産 ウッドパネル工法より]



建売屋に頼むと1000万円で建てられる?

ひとつ建設は注文住宅もやっていて1000万で建てられるのだとか。建売屋の注文住宅はノーマークだったので要チェックです。

最後には、もちろん、しっかりQuoカードをもらって帰りましたよ(笑)

奇跡のマイホーム建築記録 - にほんブログ村
にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2012年11月06日
最終更新 2019年12月28日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply