リビングの風通しは、キッチンの小窓が鍵

    スポンサードリンク

    アコルデとの打ち合わせの続きです。

    この頃住んでいた借家は、うまくリビングの南北に窓があり、非常に風通しがよくなっていました。

    夏でもすごく過ごしやすいため、風通しの設計は非常に重要だということを実感していました。

    今回、何度も試行錯誤してかなり完成度の高い間取りになったと思っていましたが、一点難しかったのが風通しです。

    建物が南北に長くなり、どうしてもリビングの北面は玄関や浴室スペースとなり、外部に直接面する壁がほとんどなく、風を取り込む窓を設置するところがありません。

    一カ所のみ可能性があったのが、キッチン横の壁。

    ここなら、玄関脇ですが、外気を直接リビングに取り込んで風を通す事ができます。

    こんなイメージです。

    通風設計

    赤い丸のところがそうなのですが、他に風を通せそうなのは、玄関の小窓。

    スポンサードリンク


    しかし、ここからの採風は、リビングにまっすぐではなく、ホールの引戸も空けていないと入ってこないので、風通しの効率としてはどうなのか不安です。

    あと、玄関の匂い?をリビングに送ってしまう可能性もあります。

    あとは、東側の窓からも採風できますが、部屋全体の風通しとしては物足りない気がします。

    ということで、小窓とはいえ、キッチン横の窓は結構重要だと考えていました。

    ここは、契約前から話しをしていたので、図面にも入っているのですが、あらためて確認してみると・・・

    どうも、この壁には筋交いが入る可能性があるようです。

    となると・・・筋交いを避けて入れられる窓ですから、かなり小さいものしか無理?

    確か、この時最低限で良いから小さい窓を付けてもらうようにお願いした記憶があります。
    ちょっと、岡本社長も首をひねって苦労していた感じでしたが(^^;

    う〜ん。窓を付けるのもなかなか一筋縄にはいかないなあと思います。
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村
    スポンサードリンク

    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    参加ランキング

    採風 風通し 小窓

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment