コイズミ照明東京ショールームに行ってきた

ニチハショールーム見学の後、秋葉原にあるコイズミ照明東京ショールームに移動です。

001_コイズミ照明東京ショールーム

(写真を撮ってきていなかったので、この写真含めて今回のエントリーはすべてお借りしています)

ニチハと違って、こちらは16:00に予約していたので、少し焦りました(^^;

ご案内してくださるのは、我が家の照明プランを考えてくださった方で、メールでもやりとりをしているので、話が早くて助かります。

コイズミ照明さんのプランは、自分で直接依頼したものアコルデ版があるので、両方のプランを見比べながら案内してもらうことになりました。

一番最初に、ライティングシミュレーションルームに通されました。

002_シミュレーションルーム

ここでは、実際のリビングやダイニングに見立てて、様々な照明の効果や特性を実体験できます。吹き抜け構造にもなっているので、吹き抜けの照明がどのようになるかも確認できます。



まず、びっくりしたのが、間接照明です。
全く明後日の方向に向いている照明なのに、間接照明だけで、こんなに明るいの???と軽く衝撃。

あと、白熱灯、蛍光灯、LEDでのダウンライトの付き方の違いも実演してくれました。
白熱灯は調光ができること、蛍光灯は付くのが遅いなどの特徴があります。

白熱灯タイプのダウンライトを導入していても、LED電球に変えられるんですよね?と質問してみたところ、出来ないとは言えないが一応、発熱の問題や耐久性など含めて正式にはまだ保証しているものは出ていないとのことでした。

特に、コイズミ照明は、自前でLED電球を作っているわけではないので、なかなかPanaの電球に対応していますよと言いづらいそうです。そりゃぁそうですよね。
まぁ、でもこれは時間が解決していくでしょうということでした。

こちらの写真は、コイズミ照明のページからお借りしたのですが、私たちも同じように座っていました。

003_シミュレーションスポット

で、この写真の左上にスポットライトが!!!

コイズミ照明の提案にもあった、こちらです。

004_スポット

実物を見てもなかなかいい感じです。
やっぱり、吹き抜けの照明はこれが欲しいなぁと思いますが、結構な追加費用なのでよく考える必要があります。



この後、展示コーナーに案内してもらい、一つ一つ提案してもらった照明器具の説明を丁寧にしてもらいました。

展示は、こんな雰囲気です。

005_展示1
006_展示2
007_展示3


気になっていた、シャンデリアもあったのですが、値段もすごかったのですぐに目を逸らしました(笑)。

色々、説明を聞いたのですが一番悩んだのはペンダントライトです。

たとえば、こんなやつ。

008_AP35733F.jpg

とか

010_BPN9515.jpg

とか。
ちょっと変わったのだと・・・

009_apn615237.jpg

とか



パナソニックに提案してもらったように、ダイニングテーブルの上にペンダントライトを吊り下げるとおしゃれかなぁと思っていたのですが、これが思っていた以上に暗いそうです。

仮に三連で吊り下げるとしても、別途ダウンライトで補助がいるかもということでした。

あぁ、そうか分かった。
パナの提案では、三連のペンダントライトのそばに謎のダウンライトがあったのですが、ペンダントライト独特の明るさ不足をカバーする提案だったのかもしれません。

パナの謎のダウンライト

う〜ん。

ペンダントライトも安くないのに、ダクトレール付けて三連吊った上に、ダウンライトも追加が必要となると随分高く付きそうです。

コイズミ照明のプランでは、シンプルにシーリングライト一点での提案だったのですが、状況が飲み込めてきました。

予算の限られている我が家では、そんな贅沢をしている余裕はなさそうです(苦笑)

とりあえず、ダイニングの上は普通のシーリングライトにしておいても、引っ掛けシーリングで簡単にダクトレールに交換することもできるみたいなので、後でペンダントライトにすることもできます。

最初はシーリングライトにしておくのが無難かなぁと思いました。
でも、きっと最初のままでずっと行くと思いますが(^^;
奇跡のマイホーム建築記録 - にほんブログ村
にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2013年06月02日
最終更新 2019年12月28日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply