却下された新築マンション[チープなモデルルーム]

私のはなし[家づくりを考えた年齢と家族構成] - ご挨拶

ブログについて[サラリーマンが低予算で注文住宅を建てるブログ] - ご挨拶当ブログは、予想もしない幸運が重なり、掘り出し物の土地とめぐり合い、すばらしい工務店のおかげで、低予算でも大満足の家づくりを体験することができたサラリーマンが、感謝を込めて書き綴る備忘録です。ローコストの注文住宅での試行錯誤と、家づくりの最中には、文字にするのをためらわれた悩みや気持ちを、なるべくありのままに書いて行きたいと思...


職場へは、現在有楽町まで通っています。(2012年11月当時)

転職した当初はなんでわざわざ茅ヶ崎に住んでるの?と良く言われました。
だって、会社に近いところから物件を探しても、狭くて家賃が目が飛び出るほど高いんですよ。



戸建て派の我が家

奈良の我が家は4LDK 80平米だったので、家具やら荷物の収納も考えるとどうしても下回る広さの物件では決め切れず悩んでいたときに、茅ヶ崎の貸家に出会いました。

条件は、築10年南向き、4LDK 100平米、約11万円/月。ここまでは申し分ないものの駅まで徒歩30分orバス10分には大変悩みました。奈良では車通勤だったので、電車バスでの片道1時間半の通勤には思い切りがいりましたが、やはり日当りの良い、広い戸建てに住めるのは大きな魅力でした。

やはり、クルマ生活に慣れた身としては、都会でクルマなしというのが今ひとつイメージできないんですよね。

モデルルームの偵察

実は数年前、茅ヶ崎駅近の某新築分譲マンションのモデルルームを冷やかしに言ったことがありました。当時大々的に売り出されていて、毎週末、新聞折り込みチラシが入るような有名なマンションです。
モデルルーム

そもそも、奈良のローンが残ってましたし買えるとは思っていませんでしたが、話を聞くなり第一印象が「高い、高すぎる」(笑)。
ただでさえ、2000万円前半でマンションが売られていた奈良の相場を引きずっている身に、4000万円以上という物件価格にはのけぞりました。

しかも、最初に「値引きは一切しません」と釘を刺されたのも印象的でした。


共有設備には騙されないぞ

モデルルームはとっても狭く、設備や建具はチープで価格設定が全く腑に落ちませんでした。
駅に近いことと、立派なロビーとコンシェルジェやスポーツジムなどの共有設備があることが売りのようでしたが、全く我が家には響きませんでした(笑)

一度、新築でまぁまぁの広さでの生活を体験してますので、このあたりは冷静な感覚なのかもしれません。まだ若くて結婚生活も浅くアパート暮らしからのステップアップだったら、モデルルームの演出にすっかりハマっていたかもしれません。

前の家の住宅ローンが残ったままなのに・・・

担当者には、奈良の自宅を売って残った残債も含めてローンを組めるので考えてくれないかと強く勧められました。
奈良の家を売るつもりは全くなかったので断ったのですが、しばらくすると同じ担当者から携帯に電話が・・・

「お客様の年収条件でなんとか、奈良の自宅を売らずに改めて住宅ローンを組めそうです」とのこと。

えっ?そんなことできるの?

基本的に住宅ローンは改めて組めないと思っていたのですが、この情報が後々につながる貴重なきっかけだったと思います。

ともあれ、価格面もありますが我が家にはマンションはやはり合いません。
妻とも満場一致(?)で、あっさりマンションは却下となりました。

  • 奈良からの住替え当時は千葉県でも探したのですが、当時妻から大ブーイングでした。
    私は会社からの半径通勤距離圏を360度で探すつもりだったのですが、妻からすると実家のある奈良に近いかどうかが重要だったようです。
    全く、その観点がなかったので目からウロコ(?)でした。
    お陰で、クルマで帰省するのも千葉県よりかなり近く正解だったと感じています。
    新幹線は小田原からひかりに乗って帰れますし、高速道路は茅ヶ崎から海老名JCTまで圏央道で繋がったので、随分スムーズになりましたし。
  • 我が家の住居検討って何故か毎回マンションのモデルルームから始まるんですよねー。不思議な伝統(笑)。
  • 実は、奈良に住んでいた頃にも、同じように不動産屋に買い替えを勧められたことがありまして、その時も残債を次のローンに乗せられると聞いたことがあります。近所に新築戸建て分譲があったときに妻が話しを聞いてきたんだったと思いますが、常套手段なんですかねぇ。
  • 奈良の家を売りたくなかった理由は、損切を先延ばしにしたかったのが大きかったかなぁ。一応資産形成のつもりもありますが、家賃より持ち出しの方が大きくキャッシュフローはマイナスなので、意味なしと言われそうですが・・・


頭金ゼロ家賃並みでおびき寄せて門前払いのモデルルーム - 奇跡のマイホーム奈良編

昨年末に書き始めた、奈良の家のエピソードの続きです。前回の「お金がないから家を買う?という発想」の通り、本当に手元にお金はありませんでした。そんな時に、同僚から「頭金がなくても家が買える」という魅力的な話を聞いたものの、あまりの怪しげな内容に不動産屋の紹介を断ったという話までを書きました。頭金なしで家を買う方法が気になるでも、本当は、とっても興味があったんですよね。とはいえ、当時は今のようにインタ...


奇跡のマイホーム建築記録 - にほんブログ村
にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2012年11月02日
最終更新 2019年12月28日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply