[対角線の目線で]和室も広さも便利も諦めない、30坪の間取りの可能性[広がりが出る]

    スポンサードリンク

    T店長が差し出した間取りは二種類ありました。

    元設計士の店長自らが採用した間取り

    お登りホームでは、メーターモジュールと尺モジュールの両方に対応しており、各モジュールでの30坪の間取りを作ったそうです。
    T店長は、実は元々設計士で今でもこうやって間取りを作成しているとのことでした。
    実際に、T店長の自宅もほぼこの間取りで建てたとのことでした。

    新築・リフォームの間取りアイデア
    新築・リフォームの間取りアイデア

    まずはメーターモジュールの間取りです。


    部屋を斜めにつなげると広く感じる

    30坪1F_メーター

    一階のポイントは、キッチンからリビング、和室まで斜めに配置されていることです。
    希望の和室も確保されていました。
    あえて部屋をずらして配置することで、斜めの目線での広がりが出て広く感じるとのこと。
    一方で、完全に壁で隔たずに各空間毎の独立感を感じさせるようになっており、家族がここのプライベートな距離感を持ちながら生活できる間取りになっています。


    30坪でも廊下からバルコニーとフリースペースが!

    30坪2F_メーター

    二階では、なんということでしょう!
    最初に勧められた、廊下からバルコニーに出られるフリースペースが導入されています。
    バルコニーにでたところはインナーバルコニーになっていて、雨が心配なときに干すスペースとして使うことができる配慮もされています。
    しかも、これだけフリースペースを取っているのに、なんとか寝室と子供部屋とウォークインクローゼットまで確保しています。

    その他
    • 洗面所を通り抜けて裏庭に出られる。
    • キッチン内のパントリー
    • ダイニング横の造り付けカウンター
    • 階段下の収納
    • 子供部屋は最初仕切らず後から壁を追加できる

    など、注文住宅らしい細かな仕掛けに夫婦ともどもテンションが上がります。

    和室は散らかしても引き戸で閉じれば見えなくなるのが便利

    奥の和室は、子供を遊ばせておいて、ちらかっていても引き戸を閉じてしまえばリビングから見えなくなるため重宝しているそうです。T店長が実際に自分のために作った間取りなのだとよくわかります。

    メーターモジュールでは、30坪でまともな間取りを作れないと思い込んでいましたので、この間取りには本当に感嘆させられました。

    土地のサイズは35坪の想定なのですが、右部分に斜線を引いたところを削るとちょうど30坪の土地になるとのこと。ウッドデッキ部分を削ればなんとか30坪の土地でも建てられそうです。


    この間取りがイエマガの記事化されています!是非併せてご覧ください



    スポンサードリンク


    次は、尺モジュールの間取りです。

    メーターモジュールよりもリビングが広くて将来は増築も

    30坪尺

    こちらは、メーターモジュール版よりリビングが広くなっています。
    代わりに和室があった部分は外になっていて、4.5帖ほどのウッドデッキを設置するアイディアです。
    将来的には、この空間に増築することで一部屋増やすこともできるということでした。

    良いアイディアですが、増築はしないような気がします・・・(汗)

    フリースペースの代わりに書斎コーナーが!

    二階は書斎コーナーが確保されているのが魅力ですが、廊下からバルコニーに出られるフリースペースがないので、ここはメーターモジュール版の方がいいかなという印象です。

    枕木で予備駐車場まで

    駐車場部分は、車のあるところだけコンクリートで舗装して、奥にあるほうは芝生と轍部分に枕木を敷いてあります。こうして置けば、緑のある庭スペースとして使いながら、いざという時に車を二台止められるということでした。

    こんなイメージですかね?
    枕木

    LDKと和室をつなげた広さには、丈夫な構造が必要

    T店長によると、一階にこれだけ広くLDKと和室が連なる空間を実現できるのは、お登りホームの丈夫な躯体だからなんだとか。他だとこの間取りは難しいですよ〜ということです。

    資金計画書を見て意気消沈していたのですが、この間取りには目が覚めました。
    妻も今までになく、T店長が間取りのポイントの説明をするたびに、うんうんと頷いていて、すっかり心を奪われたようです。

    建坪30坪にもメーターモジュールにも、半ば限界を感じていましたが、浅はかでした。

    さすがプロの設計士です。

    これまで、すっかり価格と設備に気を取られていましたが、本来の注文住宅の意味を良く考えてと言われた気がしました。

    実は、この間取りとの出会いは、我が家の家づくりに後々大きな影響をもたらします。
    例えば、こんな妄想間取りとの格闘で、間取りソフトの使い方の基本的な要領を身につけました。
    また、あえて廊下スペースを1間とる間取りが、なぜか基本のスタイルとなり、最終間取りの原案の元にもなっています。後々のタンスストリートにつながる重要な間取りなのでした。
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    スポンサードリンク

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ


    参加ランキング

    30坪 和室 メーターモジュール 尺モジュール 間取

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment