サイズ違いのストライプフェンス

    スポンサードリンク

    前回の、ブロック積み段数とフェンスの悩みの続きです。

    芝生や花壇への日当り確保のために、ブロック段数を減らすことを考えて色々検索していたらこんなのを見つけました。


    ストライプフェンスは、高さが約110cmタイプのものだけだと思っていたのですが、約140cmの高さのタイプがありました。これなら、ブロック二段分減らしても約180cmの高さが確保できそうです。

    ただし、高さが増えている分、フェンスの横幅が120cmから90cmとかなり狭くなっています。

    そこで、南側のブロックの7mの長さに合わせるために考えた組み合わせがこちら。
    ストライプフェンスパターン2

    スポンサードリンク


    前回同様、左側の花壇部分のみフェンスを約140cmタイプ×2枚にすることで、ちょうどよい距離になります。

    しかし、ストライプフェンスの販売元のガーデンライフ彩のサイトをよく見ると、特注ができるという書き込みを見つけます。

    どうやら、規定のサイズから幅を詰めた特注サイズを作成してくれるそうです。ちなみに、特注は、一枚あたり約1000円ぐらいです。

    それならと、見直したのがこちら
    ストライプフェンスパターン1
    いっそのこと、南側のブロックは全て2段積みにしてしまい、全て約140cmタイプのストライプフェンスにしてしまおうというアイディアです。これなら、ブロックが低いので、光も十分芝生に当たりそうです。

    一枚だけ、幅を詰めた特注ストライプフェンスをつくってもらえば、ちょうどぴったりにできそうです。

    しかし、意外に影響が大きいのが、フェンスの幅が縮まるために必要な枚数が増える事です。

    スポンサードリンク


    南面のみで見てみると、必要な枚数から金額を確認すると・・・
    - 高110×幅120タイプで、6枚×9,380円=56,280円
    - 高140×幅140タイプで、8枚×11,000円=88,000円
    です。。。。
    さらに、各タイプで一枚は幅調整の特注で1000円ずつプラスになります。

    しかし・・・・こ、これは差が大きい・・・・
    ブロックを2段減らした分での相殺だけでは済まなさそうな金額差です(汗)

    フェンスって、本当に高いんですねぇ。
    これでも、外構屋さんに頼むよりは相当安いのだと思いますが、とても即答で決めるのは難しそうでした。
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    スポンサードリンク

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ


    参加ランキング

    外構 フェンス ブロック

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment