鳩サブレとカーテン見積もりと油染み

カーテンの見積もりを依頼していたカメリヤから連絡が入りました。

プランと見積もりが出来たので、店舗に来て欲しいということです。

私は、一度見積もり依頼のために行った事があったのですが、まだ妻を連れて行った事がありませんでした。
最初に訪問した時は、女性店員のお二人が迎えてくれたのですが、いつもそうなのか、たまたまテンションが高かったのか、随分早口で賑やかな方々でちょっと圧倒されますw
関西のおばちゃんのなれなれしさを彷彿とさせる感じだったので、是非妻にも会わせたいと思っていました。

店舗は、ファミリーで経営しているの?という感じの大きくない構えで、結構年季が入っています。
あまり、おしゃれさは感じないのですが、扱っている商品自体は普通にしっかりしたもののようなので、提案と金額が魅力的であれば、特に気になりません。

この日は、どんなプランが出てくるのだろうと期待しながら、妻と二人で開店5分前ぐらいに店舗に着いてしまいました。



まぁ、5分ぐらい大丈夫だろうと、思い店舗に入ってみると、前回訪問した際に打ち合わせした店舗中央の唯一のテーブルにおじさんが座っていました。

このおじさんは、前回いらっしゃらなかったので、一瞬、先客なのか職員さんなのかわかりません。
他には、店員さんは見当たりません。

「あっ」という雰囲気で、立ち上がったおじさんのテーブルの上を見ると、新聞と食べかけの鳩サブレがありました。

随分、リラックスをしていた様子を見ると、やはりこのお店の職員さんのようです(汗)
あわてて、無造作にテーブルを片付けた後、「ちょっと待ってくださいね」と言い残して、店員さんを呼びに行ってくださいました。

すぐに、例の賑やかな女性店員さん二人が出て来てくださり、プランと見積もりをテーブルの上に広げて説明をはじめます。

しかーし!




私達夫婦には、その説明が全く耳に入らない理由がありました。
実は、テーブルの上に、無数の鳩サブレのかけらが散乱していたのですが、あろうことにその上にプランと見積書を広げたのです。

↓この人・・・画像はお借りしましたm(_ _)m
img3f473168zikfzj.jpeg


最初は、説明に夢中で気がついていないのかと思ったのですが、途中で一度そのかけらを軽く手で払ったんですよね。
でも、そんな一振りではなくならないほど、見積書の下には無数のかけらが散らばっています。

言うまでもなく、みるみる内に、油染みに蝕まれていく見積書を見つめていました(笑)。

気を取り直して、冷静に見積書の金額に目を向けてみると、なんと、30万〜35万もの過去最高価格….orz
すでに、フライングバードの20万以内の見積もりを見た後なので、ますますテンションがだだ下がりです。

折角、他のどの業者からもなかったような、サンプル生地を丁寧に図面の上に貼付けたプランシートの作成までしてくださったのですが、鳩サブレ&高額見積攻めで、すっかりやる気を失いろくな会話もせずそそくさと店舗を後にしてしまいました。



後ほど、もちろんここには断りの連絡をした際に、「参考のためにダメな理由を教えて欲しい」と言われたのですが、グッとこらえて、金額とプランの内容で他社さんから良い提案があっただけと伝えています。

どちらにしても、金額で折り合いがつかなかったとは思いますが、カーテンを扱う店舗のテーブルで食事をしたり、テーブルの上の乱れに気がつかないというのは、ちょっと安心してカーテンをお任せできないなぁと思います(汗)

まさか、油染み付きのカーテンが納品されることはないと思いますが、念のため。
カーテン屋のテーブルで、飲食は、NGですよねぇ(苦笑)

さらにカーテン情報をお探しのかたは、カーテントラコミュもお勧めです♪

【見積り取るならカーテン・じゅうたん王国】



にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2013年10月13日
最終更新 2019年12月28日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply