建物登記ということは、いよいよ自分の家になるんすか?

建物の完成も近づいて来たので、そろそろ建物の登記準備をという状況になりました。

色々自分なりに細かく調べたつもりですが、登記費用だけは最後までさっぱり予算が読めずに困った項目です。
昔、建売りを買った時の記録を調べると10万前後しかかかっていなかったのですが、ハウスメーカーにもらった資金計画書の目安だと、土地の登記時に40万前後の予算計上を多く見かけました。
実際に土地の決済時には43万円だったので、目安にかなり近いです。

本来、もうこのぐらいで勘弁して欲しい所ですが、不動産屋に聞いた感じだと、さらに、建物の登記費用として25万前後かかるようなのです。

ただ、自分で調べた限りだと、この目安となる情報がまちまちなんですよね〜。
実際に立てた人が公開しているブログなんかを見ると、土地建物も含めた登記費用が40万前後に収まった例も見たりして、もしかしたら建物に25万もかからないんじゃないの?と密かな妄想をしていました(笑)


そんな中、とうとうアコルデの岡本社長から「そろそろ建物の登記が必要な時期なのですが、アコルデでお願いしている土地家屋調査士にお願いしていいですか〜」と連絡が来てしまいました....(汗)



普通だと、10万円ほどらしいのですが我が家の場合地目変更があるので、12〜3万ぐらいかなぁとの岡本社長の良そうでしたが・・・・
建物表題登記土地地目変更

ビンゴです。
高い目の予想が当たるというのは悲しい(苦笑)


さらに、土地決済の時と同じ司法書士さんに、建物の決済のための登記費用の見積もりも依頼しました。
もう、十分払ってますんで、あとは2〜3万ぐらいにしておいて欲しいのですが・・・

所有権保存

ガーン。まだ約12万もかかんの?
やっぱり建物登記に13万+12万で、事前に聞いていた約25万という目安の通りでした。

やっぱり専門家の予想は正しかったんですね。さすがです...orz

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2013年11月12日
最終更新 2019年12月16日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply