工事仕様を知らずに現れたアンテナ工事屋さん

冒頭は、また家に関係ない車の話しですみません。
新しい車に取り付けるバックビューカメラの事で悩んでいます。あまり深く考えずに、日産純正のバックビューカメラをオプションに選んで契約したのですが、後から気になる仕様が出て来てしまいました。

これまで乗って来たトヨタの車では、こんな風にバック時の予想進路線が画面に表示されるようになっていました。
01_p02.jpg

どうやら、妻はこの線をかなり頼りにして運転していたようで、「運転できない!」と大騒ぎ(大汗)

この予想進路線って、日産の純正バックビューカメラでも普通に表示されるもんだと思っていたのですが、なんと表示されないのです!
ハンドルの切り角に連動して表示するようになっているのですが、これってどこでも当たり前の機能じゃないんですね…orz

そこで、なんとか探し当てたのがアルパインのステアリング連動バックビューカメラ
steering_1_img01.jpg

こちらも、トヨタと同じようにハンドルの切り角に応じて青い線を表示してくれるそうです。

社外品ではこの製品ぐらいしか該当するカメラは見当たりませんでした。
ちなみに、このガイド線ってカーナビ側で表示しているのだと思っていたのですが、カメラ側で表示しているみたいです。なので、純正ナビでも接続ケーブルさえ用意すれば、ちゃんと予想進路線が表示できそうです。

慌てて日産ディーラーに相談して、オプションの見直しができないか相談しているところです。
ただ、まだこのカメラが我が家の車種に適合しているかどうかがわからないんですよねぇ。
あ〜、いい結果が出ると良いのですが。


さて、冒頭が長くなってしまいましたが、本題です。

我が家は、アサヒアンテナに地デジ&BSアンテナの取り付けをお願いすることに決めました。

引き渡し直後の平日に、有休を取って工事が来るのを待っていました。



我が家のアンテナは、次のように差し掛け屋根の頂点部分に取り付けることを想定して高い位置にアンテナ線を出してあります。
アンテナ位置

予定の時間になると、いかにもな大きな脚立を屋根に積んだワンボックスカーが新居前に止まりました。
あの、脚立で届くんだすげぇ。

車から出て来て愛想良く挨拶してくれた工事担当者は一人でした。

挨拶が終わったと思ったら、開口一番訳のわからないことを言い出します。

工事担当者「え〜と、どこに、取り付けましょう?」
まっしんはやぶさ「(えっ、聞いてないの???)あの、屋根の頂点部分に破風から横出しする感じで・・・」

位置はともかくとして、破風からの取り付けを指定していたことも聞いてないようなのです。
前述のアンテナ位置の写真を事前にアサヒアンテナに送って、破風への取り付け希望も伝えていたのですが、「とりあえず来ましたが(ピュア)」という感じに困ります(苦笑)

いきなり、不安が頭をよぎります・・・
普通に馬をつかって固定するつもりだったのか・・・?
部品はちゃんと持って来ているのか・・・?
見積もり金額も変わったりしないだろうか・・・


なんだか、本題のほうが短くて申し訳ないのですが、ちょっと長くなったので続きます。

奇跡のマイホーム建築記録 - にほんブログ村
にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2014年02月02日
最終更新 2019年12月28日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply