家族思いの広々小屋裏収納は固定階段付きがお勧め

    スポンサードリンク

    前回、突然の訪問でゆっくり話ができなかったCRJに改めて訪問しました。この日は、2011年12月4日です。

    実は、この日の午前中にスーモカウンターに紹介してもらった、もう一つ建築会社にも行ったのですが、ほとんど書くほどのことがないので飛ばします。
    オネストとは違って、事前にきっちり我が家のことをしらべてくれていて、スムーズに話をしてくれた記憶はあるのですが、それ以外にほとんど印象に残っていないんですよね(汗)
    実はエールハウジングという会社だったのですが、随分後に会社を畳んだということがわかり・・・ゾゾッとしました(汗)

    ということで、CRJの話です。

    汚名挽回!?カラー特大パンフレットと社長登場!!!

    今回は、きちんと約束して行ったので、担当のKさんと社長の二人で迎えてくださいました。
    もらっていた仕様書だけでは、やはり設備仕様などのイメージができなかったので、メールでお願いしておいたところ、一通りの設備仕様がわかるパンフレットを作成しておいてくれました。

    パンフレットのイメージ
    トゥルーライフ標準仕様例
    [引用:トゥルーライフ標準仕様]

    ハウスメーカーでは立派なパンフレットがすぐ出てくるのですが、工務店ですと大抵パソコンでカラー印刷したようなものが多いです。
    それでも、お客さんが来たときにすぐに渡せるように定形のセットになったものが用意されていることが多いのですが、CRJの場合は我が家向けにわざわざ作成したもののようでした。

    ホームページにも、それらしき情報はないのですが、こういうパンフレットを要求するひとは少ないのでしょうか?

    実は、Kさんにお登りホームの間取を事前に送って見てもらっていて、その話もゆっくりするつもりでした。。。。

    スポンサードリンク



    熱い!熱すぎる!ファイナンシャルプランニングも出来る工務店のこだわり

    しかし、、、席に付くやいなや社長の長〜い独演会がはじまりました。

    元々は大手のハウスメーカーで、売上成績を追い求めて高級な住宅を売りまくっていたが、今は限られた予算で家を建てたい我が家のような家族に、家を建てることを使命にしている熱い思いを懇々と語られました。



    また、単に家を売るだけではなく、ファイナンシャルプランナーとして住宅ローンの組み方の支援まで細かくサポートしてくれるということです。Kさんもファイナンシャルプランナーだとのことで、ローンに不安を抱えている我が家に取っては大変心強いです。

    家に関しては、セルロースファイバー断熱材に加え、固定階付き小屋裏収納をぎりぎりまで広く付けることにこだわっていました。

    広くて安い小屋裏収納確保は、階段の位置と仕上げのコストダウンに工夫あり

    他の会社では、固定階段を付けるだけで何十万もかかるところを、平均14帖ほどにもなる広さの小屋裏収納を30万くらいのオプション工事で付けられるとのこと。
    我が家のような、子育て世代では広い収納スペースは必須で、14帖もの収納を確保できる間取りの工夫のノウハウがあるということでした。



    確かに、14帖の小屋裏収納というのはかなり広く、どうやって確保するのかを聞いてみたところ、「間取りの中心に階段を持ってくる」のがコツだということです。なるほど。

    ただ、小屋裏収納は家族以外に目に触れるところではないので、床材やクロスを端材や格安のものを活用してコストダウンしているという工夫もしているということです。

    こういう工夫は、ローコストにこだわる我が家にはとても共感できて歓迎です。

    話は続きます。
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    スポンサードリンク

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ


    参加ランキング

    小屋裏 ハウスメーカー 工務店 セルロース 断熱 固定階段 住宅ローン

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment