あれっ?金利差のわりに意外と差がないかも

前回の城南信用金庫の節電プレミアムローンのことが気になり、早速会社の午前休を取って店舗を訪問してみました。

ちょうど会社から一駅の所に支店があったので、助かりました。

まず、我が家が既に住宅ローンを抱えながら、二本目の住宅ローンを融資額ぎりぎりまで組んでいることも伝えつつ太陽光発電の設置を考えていることを細かく経緯から説明しました。
もしかしたら、この時点でJAバンクの時のように、門前払いをくらうかもと覚悟していました。

もし可能だとしても、まさか更に大きな融資は難しいだろうと思いつつ、エコルマンドからもらった295万円の見積も見せて相談していたので余計に融資担当者の顔色が気になる所です。

一通り、説明を終えて持ち込んだ資料に目を通してもらった所・・・・
「即答はできませんが、とりあえずやってみましょう」

おっ!?なんと、約300万もの追加融資が全く無理というわけではないようです。
自分から足を運んでおいてなんですが、結構驚きでした。

どうやら、JAバンクのように新築では使えないという縛りもないようです。

エコルマンドから、295万で7.45kWの見積をもらいながらも、正直融資は下りないだろうと半信半疑だったのですが、急にリアリティが湧いてきました。

そこで、少し突っ込んで節電プレミアムローンの事を質問してみると、当時のホームページの記載ではよくわからなかった手数料の存在が明らかになりました。

現在では、ホームページに少し記載がありますが、もしかしたら見逃していたのかあまり手数料の事は考えになかったため、ちょっとガッカリした記憶があります。

初年度0%、2年目以降1%という金利条件は確かなのですが、まず融資手数料として約1万円がかかります。
今は10,800円とありますが、たぶん当時は10,500円だったと思います。

あと、1万円あたり388円の保証料がかかるということでした。
現在のホームページの例では、200万円で融資期間5年の場合、35,800円とありちょっと計算が合いませんね。
私は200×388円=77,600円の保証料となると聞いたのですが、これは融資期間8年の場合だったので5年の例とは差があるのだと思います。

となると、最初に約9万もの手数料がかかることになるんですよね。

融資担当者には、一旦融資の仮審査をお願いしておいたのですが、その日自宅に帰ってから施工業者の提携ローンと比較してみることにしました。



比較対象は、びっくり☆エコのお見積に記載のある2.8%の提携ローンにしてみます。
おそらく提携ローンの場合、別途手数料はかからないはずです。

比較のために、住宅保証機構の住宅ローンシミュレーションを使ってみました。
このシミュレーションは、途中から金利が変わる場合や融資手数料や保証料の合計も計算してくれます。

条件を合わせて比較したいため、融資金額は200万、返済期間は8年に統一して試算しました。

まず、2.8%の提携ローンの場合です。
返済額の試算_提携ローン
総返済額223万円になりました。融資額に対して23万円が上乗せになっています。

次は、城南しんきんの節電プレミアムローンです。
初年度0%で二年目からは1%なのですが、シミュレーションに0%と入れられないので0.001%で試算しています。まぁ、この際端数レベルの違いは本質ではないかなとアバウトです(^^;
返済額の試算_城南信金
融資手数料と保証料を含んだ総返済額は・・・・215万円になりました。

ということは、223万円−215万=8万円の差です。

た、確かにメリットはありますが、なんだか微妙だと思いませんか???

イメージとして、2.8%の金利が1%になって初年度0%と言われて、もっと差が出そうに思っていました。

初年度0%、2年目以降1%を知った時の高揚感は失われてしまったのですが、やはり8万円の(物件が200万円の場合ですが)差は大きいので、無事仮審査が下りることを期待して待つ事にしました。

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2014年07月06日
最終更新 2019年12月28日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply