置くだけ簡単?横着なようで大変な代替案

前回の続きです。

当初考えていたフェンスの施工方法が使えず愕然としながらも、なんとか代替手段がないものか全力で考え直していました。




そんな窮地にあっても、なんとか面倒なことは避けたいと考えるワタクシ。
実は、当初考えていたブロックを埋める方法も、ちょっと大変そうだなぁと思っていました。

というより、あのカチカチの地面を掘り返す自信がなくなっていました。

なんとか地面を掘らなくて済む方法はないものかと考えている内に閃いた施工方法がこちら。

フェンス足の金具_側面から_修正案2

なんと、ブロックを樹脂デッキの下に置くだけ!(笑)

しかも、わざわざタカショーに内寸を確認した金具には、あえてフェンスの支柱は挟み込みません。
支柱の裏側に位置を合わせた金具に支柱からボルトを貫通させて固定する方法です。

この方法なら、金具の高さや位置も成り行きで決められるので、ブロックの位置合わせが楽そうです。
弱点としてはブロックが置くだけなので、南方向からの力には強いのですが、北方向からの力にはブロックが浮いてしまう恐れがあります。

この点は北側には建物があってそんなに大きな風は当たらないだろうというのと、コーナー設置であることを考えるとまぁ大丈夫かなと考えました。あとは、樹脂デッキと設置する部分でしっかり固定するしかありません。


しかし、最大のネックはボルトで止める方法です。
支柱にも金具にも穴を空けないといけませんので、さすがに電動ドリルが必要になってしまいました。

電動ドリルを買わずに済むよう、あんなに苦労して手摺を付けたにも関わらず、やっぱり必要になってしまったんですよね。

トホホ・・・なんのこっちゃという話しでございます(笑)

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2014年10月02日
最終更新 2019年12月28日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply