格さんが語る、住宅は半分の価格で造れる

ウスカワ訪問の続きです。

ちょっとかっこいい878万円の家にぬか喜び - ローコストハウスメーカー

ローコスト住宅を検索していて見つけた建築ブログに見慣れないハウスメーカーの名前がありました。28坪の規格型住宅を740万円で建てた人のブログだったのですが、ローコストの注文住宅にがんばる人のブログをいくつも読みましたが、苦労や工夫に共感して励まされました。このハウスメーカーウスカワは、元々新潟の会社なのですが、最近神奈川にも進出して横浜の住宅展示場にモデルハウスをオープンしたばかりのようです。...


規格住宅を扱っていないのは仕方ないのですが、折角来たので自由設計の標準仕様の話を聞くことになりました。一通りモデルハウスを見た後に、個室に案内されました。

Aさんが準備をしてくる間、個室の中でビデオを見せられます。



個室でビデオという流れ作業はローコストゆえん?

ビデオに現れたのは、2代目格さん!(わかるひとにはわかるかも)。
しかも、夫婦でイメージキャラクターとして登場していました。



ビデオの中では、

  • 平均坪単価約70万円の住宅に比べて半分の価格で造るコンセプトであること

  • 坪単価31.5万円の中に、給排水工事費、地盤調査費、確認申請費、残土処理費用、照明器具費用など、見積もり時に付帯費用として、別途大幅に計上されることの多い費用が含まれていること。

  • 従来の大工さんは一日平均48%の稼働率を、80%以上にする努力でコストダウンをしていること

  • 大量仕入でのコストダウンをしていること

  • 徹底した自主検査と施主立ち会い検査を実施していること
などを、格さん夫婦が紹介してくれます(笑)

しかし、このビデオが意図してかどうか、いちいち表現が大げさすぎてあやしすぎて吹き出しそうになりました。

内容は非常に興味深い話ばかりなのですが、夫婦で顔を見合わせて「あやしいねー」と思わず言ってしまいました。



45坪以下の家は、150万円追加で巻き上げられる仕打ち


しばらくすると、Aさんが現れました。
半額と言っても、坪単価70万円からの半額なので基準が高い気がするのですが、もう少し詳しく話を聞いてみました。
坪単価31.5万円と言っても、45坪以上の場合に適用される単価のようです。
我が家のように30坪ぐらいの場合は、別途150万円ぐらいが必要と考えてくださいということでした。
    えーと。45坪以下の家は、家じゃないということだろうか・・・
    奈良の建売を買った時に、旧家の本家である妻のおじいちゃんから・・・・
    「◯◯坪の家?そんなん家ちゃうやないかい」
    と言われたことを思い出します(汗)

単純計算すると、、、、31.5万円×30坪+150万円=1095万円

ん?これで、確認申請など付帯費用が含まれているのならアチチホームやCRJと同等なんでないかい?と頭によぎります。
でも、Aさんいわく「30坪なら約1500万〜1600万ぐらいですねー」とのこと。

もらったチラシには、坪単価以外に大きな追加費用がかからないことが強調してあるのですが、
その合計金額だと実質坪単価50万〜55万ということになるんじゃないのと釈然としません。



それでも、他のハウスメーカーよりはかなり安いのだと思います。
実際、他社の見積もりと間取りを持って飛び込んでくる人も多いそのだとか。

しかし、自分なりの1095万円の試算金額と1500万円の間には何があるのか気になって仕方がありません。
なんとか他社で、もらったように他のお客様の見積もり例などをもらえないか聞いてみたのですが、出せるものがないということです。

697235.jpg
他のハウスメーカーでは、どっさり渡されるカタログ類も出てこず、A3裏表の簡易の会社パンフと新聞折り込みチラシのような資料だけを渡されて、この日はウスカワのモデルハウスをトボトボと出ることになりました。

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2012年11月26日
最終更新 2019年12月23日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply