太陽光はコーキング性能も要チェック

一回番外編を挟んでしまいましたが、「びっくり☆エコ」の現地調査の続きです。

PFS管の次に「びっくり☆エコ」がPRしてきたのが、太陽光対応の「PVシーラント」を採用しているということでした。
hensei-pv.gif
「びっくり☆エコ」曰く、他社では普通の変成シリコーンというタイプのものを使うことが多いが、太陽の日差しや熱などで過酷な環境の屋根の上には、専用の耐久性の高いシーラントが安心ということだそうです。

シーラントというのは、コーキングとかシーリングと呼ぶ場合もありますね。
太陽光設置の場合は、こんな感じで屋根の上に取り付けた金具の周りの防水処理のために使うようです。
Unknown.jpeg
この金具の設置とコーキング方法は、結構奥が深いようで、後ほどまた触れようと思います。



よくよく考えると当然なんですが、金具をビス止めで取り付けるということは、屋根に穴を空けるということなんですよね。横から見るとこんなイメージになります。
amamori.png
このサイトから画像をお借りしました

やはり、ビスまわりのコーキングをしっかりしておくみたいなのですが・・・

amamori2.png
このサイトから画像をお借りしました


こんな感じで、シーラント(コーキング)が劣化してしまうとビスを伝って雨漏りしてしまう心配があるということなんですね。

このあたりのお話は、太陽光を付けるにあたって定番の当たり前のことなのですが、ことの時は初めての説明だったので、色々と勉強になる興味深いお話でした。

ただ、他社では絶対ここまでやりませんよという口ぶりに、かえって本当かなぁと訝しく感じてしまうのでした。

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2015年01月25日
最終更新 2019年12月28日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply