ここは体育館ですか?という異常な天井の高さの新築に連れてこられる。

今回は、意外に読んでいただけている奈良のエピソードの続きでございます。

念のため繰り返しますが、この奈良のエピソードはかなり昔(1996年頃)のお話ですので、どうぞご了承のほど宜しくお願いします。

さて、前回は絶望的な中古物件を見せられて、テンションガタ落ちになったところまでを書きました。
どうやら、次はいよいよ新築の現場を見せてくれるということなのですが、まぁ、やっぱり新築を買いなさいというシナリオなのだろうなということは、さすがに察しておりました。

連れてこられた現場は、まだ造成したばかりの建売分譲地のようで、最終的に何軒も立ちそうな見通しのよい更地にポツンと数件の新築の家が竣工したばかりという風景でした。

さっき見せられたボロボロの中古物件の後に見た外観は、やはり新築はいいなぁと思うのは当たり前で、高揚しながら建物の中に入れてもらいます。

新築特有のニオイと玄関に並べられたスリッパが、さらに気分を盛り上げてくれます。



いきなりこの家を買えとでも言われるのかなという一抹の不安を抱えていたのですが、全く思いもよらないカタチで度肝を抜かれます。

20年近く経った、今でもリビングに入って飛び込んできた光景が忘れられないのですが、記憶を頼りに3Dマイホームデザイナーで再現してみたのがこちら。

奈良の変な家_吹き抜け

おそらく14〜16畳ぐらいのLDKだったと思うのですが、不自然なのが吹き抜けです。
いゃ、むしろ吹き抜けというよりLDKの天井が全くなく体育館のように天井がバカ高いのです。

にもかかわらず、まず手が届かない高い位置に引き違いの腰窓があるのです。

もう一つ、おかしなところがあるのですが、それは後ほど・・・

少し見る方向を変えるとさらに変なところがあります。
奈良の変な家_吹き抜け2

今度は、手の届かないところにドアが・・・・実際は付いていたわけではないのですが、すでに貼ってあるクロスが明らかにドアの形状で凸凹しているんですよね。

よく見てみると、全体的にクロスの貼り方が随分いい加減で波打っているところがたくさんありました。

これは一体どういうことなんでしょう?
にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2016年03月31日
最終更新 2019年12月28日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply