[浪花節だよ]会ってその場で契約を迫られる[ソーラーは]

周回遅れでコンタクトを取ってきた太陽光の会社トレリスの話の続きです。

会社帰りに指定されたお店でトレリスの方と落ち合うと、ベテランらしき男性と若い女性の二人が待っていました。
どうやら、営業はこの女性で、男性はその上司のようです。


すでに、この段階でかなりの太陽光業者さんとやりとりを進めていましたので、事前に細かな状態は伝えてありました。
先方から是非会いたいと言われた時も、今商談している他社との対抗は難しいと思うことを伝えた上で、それでも会いたいと言ってこられたので、おそらく駆け引きなしでの話はしてくるだろうと感じておりました。

ということで、特にこちらから説明は必要なく、先方からの説明を早速聞いたのですが、
  • まっしんさんにはとても迷惑をおかけしました(えっ?何を?)
  • 大変問い合わせが殺到しておりまして(あぁ、連絡が遅かったことですか)
  • 彼女もまだ若いのですが、本人なりにがんばっておりまして(えっ?もしや浪花節?)
  • 今回は、まっしんさんだけに特別に社長の了解を得まして(また浪花節?)
  • 特別なお見積もりを・・・(ごくり)
という流れで、期待が高まります。

ただ、途中の浪花節(人情面に訴えかけること)のトークがどうしても引っかかるのですが・・・・

↓日本の近代国家化に浪花節が影響したって?ホントに?




で、肝心の見積もりを見せてくれる前に、男性は念押しするように私の目をジッと見て口を開きました。

「この見積もりが他社さんよりも安ければ、この場で契約を決めてくれますか?」


来ました(笑)
最初からの雰囲気で、なんとなく警戒はしていましたが、この前振りだったわけですね。
そのうち、こういうことをいう会社が出てくるのではと思っていましたが、この時が初めてでした(笑)

いゃ、確かに安いのは大好物ですが、そこまで節操がないわけではありません。
というか、そんな高額な購入を私一人で即決できるわけではない(こっちが真相w)ですし、そもそも金額見せる前にその約束させるってどうなの?

という趣旨の話をすると、「ですよね・・・」と残念がりながら一応見積もりは見せてくれました。

結果は・・・なんと

Panasonic HIT233W ×24枚=5.59kWで、ぽっきり200万円(税込)

出ました最低価格!

ここまでは、テクノカット湘南の203.9万円(税込)が最低価格としていましたが、実はその後エコスライムが207.5万円(税込)からさらに下げて、203万円(税込)という条件を出して来ていました。

ここからさらに3万円を下回る200万円(税込)という美しい(笑)金額です。
補助金を引くと、ほぼ約170万円となり、kw単価は30.4万円。
目標としていたkw単価30万円をほぼ達成できる算段です。

興奮しないわけがないではありませんか!(笑)

続きます。

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2016年05月19日
最終更新 2019年12月22日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply