一見普通っぽいけど、実は少し普通じゃない奈良の間取り

奈良の家のエピソードの続きです。前回書いたのが6月28日なのですが、あっと言う間に一ヶ月経ってしまいますね(汗)

さて、前回ニシオカから紹介された物件が、意外にややこしいと書きましたが、その間取りをご紹介します。

後日、現場で確認した内容をメモしていただいた間取りがこちら。

奈良の家_一階と二階_IMG_2988

二階建て、4DKの間取りです。
書かれているのは、ニシオカの字ですが、なかなか丁寧な字と几帳面さに感心させられました。

一階をアップしたのがこちらです。

奈良の家_一階

玄関ホールが結構広いです。玄関土間自体は今の茅ヶ崎の家と同じサイズでした。
今考えると洗面所は、もう少し広くても良いのにと思いますね。

あえて、LDKにせず和室6帖となっているのが、当時らしいですね。対面キッチンでもありません。
おそらく6帖和室が実質のリビングとなる想定ですが、正直和室の方が落ち着いてよいかもと思っていました。

何気に引きつけるポイントが、メモにある通り、
  • 内装クロスが選べる
  • 外壁が選べる
  • 外構の門柱も選べる

という点です。まだ建築途中なので、この時点で契約すれば選べるということなのですが、ちょっぴり注文住宅感覚を味わえるというわけです。


続いて二階がこちら。

奈良の家_二階

各部屋6帖取れていますが、いやあ収納が少ないですねぇ・・・
ベランダも狭い・・・

左上の洋室Aの押入れは階段上の収納なので実質下半分はないですし、洋室Bには全く収納がありません。
でも当時は、この収納の少なさも建売としては、こんなもんなんだろうと思い込んでいました。

出窓を採用しているのも、当時の流行でした。

そして、タイトルにある「普通じゃない」ポイントは、この二階に隠されています。
というか、隠されているというほど大げさではないのですが、一階の形状と比較すると明らかにおかしな部分があるのですが、その秘密は次回に・・・

奇跡のマイホーム建築記録 - にほんブログ村
にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2016年07月25日
最終更新 2019年12月28日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply