フェンスのぐらつき防止再強化策

    • CATEGORYDIY
    • COMMENT0
    • TRACKBACK0
    スポンサードリンク

      工務店ホームページについてのアンケート継続中です。
      今のところ二件のみです・・・うぅっ・・・


    前回、移動型フェンスと繋いだことで、ブロック上にDIYしたストライプフェンスの安定にも効果があると書きました。


    しかし、実はこの処置をする前に、ストライプフェンス側にぐらつき防止策を加えたことをご紹介していませんでした。

    以前ご紹介した方法として、控え柱を設置する方法で対処したのですが・・・・


    確かに以前よりしっかりしたものの、やはり微妙に傾いてきたり、手で軽く押すと動いたりするので、まだまだ安心感が不十分だったんです。

    フェンスが波打ってくるもの気になりますしね。

    そこで、色々ググっていますと、同じような悩みを抱えた人の工夫を見つけることが出来ました。


    ここにある、車止め用接着剤で強化する方法を試してみることにしました。

    ブログで紹介されているのは、こちらですが・・・


    我が家は、範囲が広いので、こちらを数本ゲットしました。


    実は、ブロガーとしてあるまじきことに、このDIY当時の写真をちっとも残しておりませんでした(汗)

    現在の写真ですが、このようになっております。
    フェンス接着剤IMG_3959

    実は、つい最近一部の接着剤が痩せてひび割れて来ましたので補修作業をしたので、その写真をご紹介します。

    まず、このように、痩せてひび割れた部分をマイナスドライバーのようなヘラで掻き出します。
    フェンス接着剤IMG_3956
    約5年ほど経過して、経年劣化が進みポロポロと取れました。既に接着効果はほとんどない状態でした。

    続いて、マスキングです。
    フェンス接着剤IMG_3955
    この作業がかなり面倒なのですが、綺麗に仕上げるのには重要です。
    最初一気にフェンス全てに処置した時には、この作業がつらかったです。

    金具を外さず、隙間に注入するように入れましたので、次のような針のない注射器をホームセンターで入手して使いました。本当はもっと先が長くて細いものがあると奥まで入れられたんですけどねぇ。

    注射器


    今回は、部分補修だったので、前述の接着剤の小さい方を使ったので、この注射器に少しずつ移しながらの作業でした。

    そして、終了後の写真がこちらです。
    フェンス接着剤IMG_3957

    もう一つの写真がこちら
    フェンス接着剤IMG_3958
    ピンぼけですね(笑)

    しかも、マスキングした割にははみ出ているし(笑)

    一度目に施工した時もそうでしたが、横から注入した程度ですが、この接着剤を入れただけで安定度が格段に増しました。
    少なくとも、いつの間にか傾いたり金具が開いてずれていることはなくなりました。

    最近の接着剤が痩せて隙間が出ているところは、ズレが出るようになって来ていましたが、この補修であらためて改善されています。

    ただ、5年ごとの補修が必要なのはちょっと面倒ですねぇ。
    まだ補修が必要になっていない所もありますので、日当たりなどの影響にもよるのかもしれませんが。


    ちなみに、情報入手元のブログには新しい情報が上がっていまして、この車止め用接着剤は、金属とコンクリートを接着するには適していないようだとのことです....orz


    う〜ん。確かに、車止めは金属じゃないですからねぇ。

    次回補修の際は、金属に対応しているとしておすすめされている、こちらの商品を試してみようかな。


    ただ、金具を外して作業するのは、やはり面倒ですが(^^;
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    スポンサードリンク

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ


    参加ランキング

    セメダイン ストライプフェンス 車止め 接着剤 マスキング 金属 コンクリート

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment