正確すぎる出力対比表にちょっぴりがっかり

    スポンサードリンク

      工務店ホームページについてのアンケート継続中です。現在回答数4件です。もう増えないかな・・・引き続きどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m



    さて、我が家の太陽光発電は6.4kwのパネルに、5.5kwのパワコンという組み合わせの、「過積載」という方法をとっています。

    ちょっと、ネガティブな響きですが、トータルで見ると効率的な発電を得られるという見方もあり、あえて戦略的に選択する場合もあるようです。


    過積載の場合、太陽光が最高の発電をしている時の足が出た部分は、あきらめることになります。
    常にピークの発電をしているわけではないので、5.5kwのパワコンでも十分カバーできるだろうという合理的な考え方が、とても気に入っております。

    といいつつ、将来パワコンを交換修理するときに6.4kwを一台でカバーできる製品が出ていたら良いのになとは思っていますが(笑)

    すでに、室内用でも5.9kwタイプのパワコンが出てきているので、今後の展開に期待です。
    屋内用パワコン5_9
    室外用ではあるのですが、室内用で5.9kwは珍しいと思います。

    で、話が飛びますが、我が家の6.4kwのパネルは、実際は6.5kwぐらいあるんじゃないか?と当初かなり真剣に妄想しておりました。
    というのも、当時、パナソニックや東芝のパネルの場合、仕様上は240wの出力としていても、実際のパネル出力は250kwになっているという話をよく見かけたんです。

    アコルデ先輩、もきち師匠の東芝のパネルでも240wの出力が、平均250wぐらい出ていたとのこと。

    契約時の4.8kwの公称最大出力が、約5kwになるという羨ましすぎる誤算です。

    特に、Panasonicは、三洋電機時代に太陽光出力表示の不祥事があった影響で、かなり厳しい基準になっており、実際納品されたパネルの出力が公称値を上回ることが多いということを複数の業者から説明を受けました。
    当時は、233wのパネルを検討していましたが、まず間違いなく240wの出力が出ると考えていいでしょうとのこと。

    となると・・・我が家も期待をせざるを得ませんよね。

    我が家の場合、

    200w × 32枚 = 6400w(6.4kw)

    が公称最大出力ですが、東芝やパナソニックのように大盤振る舞いではないにしても、多少の誤差は期待してもいいでしょう。
    少なく見積もっても・・・・

    205w × 32枚 = 6560(6.56kw)

    ぐらいは行くかな?いゃ、もっと誤差が出てくれたりするか???
    なんて考えていたのですが・・・・現実は甘くはありませんでした(苦笑)

    こちらが、我が家のカナディアンソーラーの出力対比表です。
    太陽光出力対比表_IMG_4310
    なんと、201〜202wあたりが大半で、ほとんど誤差がありません!
    合計でも、6444w(6.44kw)と、ほぼ公称最大出力値通りです....orz

    ある意味、ここまで誤差がないパネルを揃えるのも難しくないですか?
    これが、カナディアン・ソーラーの通常運行なのか、我が家が極端な値引きをしてもらったので、ギリギリのパネルを選出してくださった(笑)のかは定かではありませんが・・・・

    ちなみに、パネル一枚ずつ、このように検査をパスしたシールがあるようです。
    太陽光出力対比表_IMG_4311

    ということで、
    そんな自分に都合のよいことばかり起こるわけではないというお話でした(笑)
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村

    スポンサードリンク

    MENU
    もっと素敵なおうちを見るならWeb内覧会♪
    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ


    参加ランキング

    太陽光 出力対比表 公称 最大出力 カナディアン 東芝 パナソニック

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment