[我が家の貼り方、外し方]壁にもポスターにも穴を空けない愛用グッズ - お掃除・お手入れ

    [我が家の貼り方、外し方]壁にもポスターにも穴を空けない愛用グッズ

    スポンサードリンク

    クリップとマステと磁石を使った、壁にもポスターにも穴を空けない貼り方が話題になっていますね。

    壁にもポスターにも穴を空けない貼り方に28万いいね!

    壁にもポスターにも穴を空けない貼り方が注目を集めています。 なんという発想力…! 部屋にポスターを飾りたくても、壁やポスターの穴を防ぐため諦めている人もいるのではないでしょうか。 いままで壁に穴をあけたくなくてポスター類は飾ってこなかったけど、マステでクリップを壁に貼りつけてクリップと磁石でポスターを挟めば解


    これは、全く思い付かなかったアイディアで、確かに素晴らしい発想ですね。
    賃貸での原状復帰を考慮するだけでなく、新築された方ならだれでも出来るだけ壁に穴を空けたくないと考えるのではないでしょうか。



    我が家は、ブルタックを愛用!

    我が家ももちろん同じ考えでして・・・
    新居に引っ越す前の借家時代から、ブルタックという商品を愛用しておりました。


    ちなみに使ったことはないのですが、コクヨのひっつき虫という商品もよく似た使い方ができるようです。


    これは・・・!昔なつかしの・・・

    この商品は、感覚としては大昔はやった「ねりけし」のような商品でして、次のように使います。
    ブルタックimg56865074

    ポスターのように常時固定するものだけじゃなく、メモのように度々取り外したり移動するものや、ちょっとした小物や額の固定などにも軽いものなら使えます。
    ブルタックimg56865069

    リモコンカバーをネジで取り付けずに、リモコンを壁に直接取り付けられると紹介してありますね。
    ブルタックimg56865068

    実際にリモコンカバーの取り付けにも利用

    我が家の場合は、さすがにリモコンを直接ということはしませんが、リモコンカバーをブル・タックで取り付けています。
    ブルタックIMG_4855
    この写真を見ると、ネジが止まってないのがわかると思います。


    わかりにくいのですが、この→のあたりにブルタックがいます。
    ブルタックIMG_4856-2
    何箇所か取り付けているので、結構しっかり固定されています。

    リモコンが付いた状態はこちら。
    ブルタックIMG_4857
    結構大きく重いリモコンなのですが、ちょうどカウンターの上なので重さを心配する必要はありませんでした。
    カウンターの上でなかったら、さすがにブルタックだけで固定するのは厳しい気がします。
    リモコンカバーではなく、直接壁付けだと大丈夫かもしれませんが。

    ただし、この状態で前にお辞儀するように倒れてくることはなく、かなりしっかり固定されています。

    ちなみに、このリモコンはダイニングテーブル上に設置した、復興エコポイントでゲットした日立のLEDシーリングライトです。

    【Web内覧会】ダイニング&キッチンとコーナー柱の仕様変更 [おっ!引き渡し その3] - Web内覧会 引き渡し

    引き渡しフォトレポ第三弾です。玄関ホールから、入ってすぐのダイニングスペースです。シーリングライトが付いていますが、これは子供部屋用に購入したものを仮に付けています。ビックカメラアウトレット有楽町店で、NECのリモコン付きシーリングライトを3380円×2点ゲットしました。既に同じ機種は見つからないのですが、こちらが近いかな?[これも、もう売ってないですねw]ここは、後ほど復興エコポイントで日立のLEDシーリングラ...

    入居時に設置した、我が家の唯一のLED照明でございます。復興エコポイントでなければ、結構高級品なので手がでなかった(笑)

    ポスタータイプの取り付け/取り外し事例

    ポスター的なものとしては、現在このダイニングテーブル横のカウンター下に世界地図を貼ってあります。
    ブルタックIMG_4858
    これは、子どものお勉強用でございます。

    試しに角を剥がしてみますと、こんな感じとなります。
    ブルタックIMG_4859
    どうやら、この部分は密着度が低かったようで壁側へのブルタックがあまり残らなかったのですが、ちょっぴりくっついていますね。強く貼り付いている場合は要注意でして、無理に引っ張ると壁紙側の糊付けが負けて、壁紙が浮いてくる(膨らむ)場合があります。

    この残存したブルタックの処理方法なのですが、このようにブルタックを丸めて転がします。
    ブルタックIMG_4860

    コロコロ・・・・
    ブルタックIMG_4862

    コロコロ・・・・
    ブルタックIMG_4861

    と、このようにスッキリ綺麗になくなりました。
    ブルタックIMG_4863
    引っ越し前の借家でも、結構ブルタックでいろんなものを壁に貼っていたのですが、この方法で全く何もなかったように現状復帰することが出来ました。
    結構毛羽立ちのある凸凹の深い壁紙で、経年劣化でかなり破れやすくなっていたのですが、この転がす方法だと壁紙に優しく傷めにくかったようです。

    ブルタックの欠点

    ただし、ブル・タックを使ったポスターの固定にも欠点がありまして、貼り付け部分がシャープになりにくいという問題があります。
    ブルタックIMG_4864
    どうしても、丸めたブル・タックの上からポスターで押し付けるカタチになるので、ブル・タックの丸みがポスターの表面に出てしまい、シワが寄ってしまったりするんです。

    ポスターにシワを寄せずにシャープに貼りたい場合は、最初のクリップと磁石の方法で取り付けた方がよいかもしれませんね。
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    かしこく建てるアイディアたくさん♪にほんブログ村
    スポンサードリンク

    にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

    参加ランキング

    ブル・タック クリップ マステ 磁石 ポスター 貼り付け 原状復帰 ねりけし

    関連記事
    スポンサードリンク

    0 Comments

    Leave a comment