我が家の高圧洗浄機は歴史から抹殺されていた

家を建てた当初から高圧洗浄機を試してみたいと密かに考えていました。
高圧洗浄機イメージ

あくまで、密かにです・・・

なのに、なぜか突然妻に「高圧洗浄機使ってみたいと思ってるやろ」と言われてドキッとしたことがあります。
もちろん、図星だったのですが、なぜわかったのでしょうか? ケルヒャーを見つめていたのかな・・・

女性の観察力って怖いと思った記憶があります。

妻としては、まだ高圧洗浄機を必要とするほど家が汚れていないのに、なんでいるねんと思っての牽制だったようです。
あと、置く場所の心配もあったみたいです。

私は割とブロック塀や基礎部分などが汚れているような気がしていたので、早めに掃除しておいたほうが良いのになぁなんて思っていたんです。
でも、当時はケルヒャーの高圧洗浄機は、ちょっと高いかなというイメージでした。

しかし!ある時、イオンでとある高圧洗浄機が特価(確か7,800円)で出ているのを見かけました。
普段は、1万2〜3千円ぐらいで出ている商品だった感じなので、これはお得なんじゃないということで、なんとか妻を説得し、待望の高圧洗浄機をゲットしたわけです。

今回は、その時の感想を書いてみようかなと考えたわけですが、ついでに私にとっては衝撃の事実が判明してしまいました・・・



我が家の高圧洗浄機と使ってみた感想

購入したのは、アイリスオーヤマのSBT-411という初代タンク式タイプの高圧洗浄機です。
2012-07-04_220019.png
ケルヒャーでは見かけない、このタンク式タイプのアイディアがなかなか面白いなぁと興味がありました。
家全体を掃除しようと思うと、水道が届きにくいところもありそうですし、バルコニーの掃除にも良いかもと思ったんです。

ギミックものに弱いんですよね。。。。


実際に使ってみた感想

こんな感じです・・・
  • めっちゃ汚れが落ちるのが楽しい(笑)!特にコンクリートブロックや樹脂デッキの汚れはみるみる落ちるので、しばらく没頭していました。
  • 基礎部分の洗浄には注意!基礎に少し雨だれのような汚れがあって落ちにくかったので、ノズルを絞って見たのですが、表面のモルタルの粒子が吹き飛んだような感じがしたので、すぐやめました。下手するとモルタルが剥がれてしまうかもしれません。
  • 音がうるさく妻には不評。初代機ということもあってか、かなりの音がするので、近所迷惑だと妻からかなりの不評で使いづらくなりました・・・最近では静音タイプがあるようですが、音のことを甘く見ていました。
  • 5.5MPaでは落ちきれない汚れも結構ある。CBブロックにこびりついた黒っぽいカビなのかシミなのか、ちょっと頑固な汚れが落ちずに、少し残念でした。もっと吐水圧力の強いものだと落ちるのかもしれません。
  • タンク式じゃなくてもよかったかも・・・・バルコニー掃除に良いかもと書きましたが、よく考えると水をためたタンクをどこからバルコニーに運ぶねんと、買ってから気が付きました(苦笑)。結局バルコニーの下から電源コードとホースを上に吊し上げて、バルコニーの洗浄に使ってみたのですが、別にタンクじゃなくてもよいと気が付きました(汗)連続して洗浄をする場合、タンクにホースから水を出しっぱなしにする必要があるので、あまりタンクの意味がないんです。


現行商品だと、水道直結できるのですが、我が家の製品ではできないんですよね・・・
水道直結

我が家は外水栓を壁付けにしたのですが、バルコニーにも蛇口を付けておけばよかったなぁと、今更ながら思います。
一階の外水栓は、一階の天井から配管していると聞いたので、二階のバルコニーに出すのも、そんなに費用がかからなかったかもなので、あぁもったいない。

そんな頻繁に高圧洗浄まではしなくても、バルコニーでホースで水を流せると結構便利だったと思います。


収納問題はどうした?

以前デッキ下収納をご紹介したときに写っていたRV BOXに高圧洗浄機が入っております。この写真の右のRV BOXですね。IMG_5448.jpg
確か、アイリスオーヤマの、この商品だと思います。
このRV BOXにちょうど収まる大きさで、デッキ下に問題なく入ったので置き場所には困りませんでした。


何が一体衝撃の事実なのか?

実は、初代のタンク式タイプのSBT-411という機種は、なぜかアイリスオーヤマが出している様々な高圧洗浄機用のブラシやランスが適合していないんです。実は、購入した当時は、いろいろブラシを付けて拡張できると思っていたんですが、購入後に適合表を見るとSBT-411だけが全て"✕"になっていてかなりがっかりしていました。

しかし!今回アイリスオーヤマのホームページを見ると、思わぬ文言が!!!
アイリスオーヤマ_高圧洗浄_全機種対応
なんと、ブラシ・ランスが全機種対応と書いてあるではないですか?

えっ!!!もしかして、旧機種のSBT-411にもとうとう対応してくれたということでしょうか?
すごい!アイリスオーヤマ!神対応!!!

と思ったのもつかの間、その下の適合表を見てみると・・・・
歴史から抹殺_SBT-411
あれ?あれれ?SBT-411がリストにないではないですか?
今までは、結局全て"✕"になっているものの、確かにSBT-411の機種名は残っていたんです。

まぁ、全部✕なので、意味はない情報だったんですが、一応載せてくれていたんですよ。
でも、とうとう、アイリスオーヤマの高圧洗浄機としては歴史から抹殺されてしまったようです(泣)

ネジ山さえ合えば、実はつないで使えるのではと妄想していたりするんですが、やっぱり駄目ですかね・・・

音もうるさいですし、おとなしく静音タイプに買い替えたほうが良いのかなぁと思いつつ、なんとなく悔しいので、まだまだしばらく活躍してもらおうと思っております。

うぅ。いろいろパーツを試してみたいのに・・・

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ

参加ランキング
関連記事

まっしんはやぶさ
Posted by まっしんはやぶさ
投稿 2018年11月05日
最終更新 2019年12月28日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply